受講者様の感想

    とても勇気をもらった(山口県 中学1年生)
     

    命の日の講演会を聞き思った事は改めて友達、家族の大切さそして命の尊さがよく分かりました。

    腰塚さんの実体験を元に話して下さってとても分かりやすかったです。

    また、腰塚さんの壮絶な人生を聞いてとてもビックリしました。自殺未遂まで追い込まれていたけど、そこから大逆転劇でがんばった腰塚さんを見てとても勇気をもらい、自分もがんばろうと思いました。

    だから僕も友人や家族にも命を喜ばせる言葉をかけられるよう腰塚さんに教えられたようにがんばります。



    少しでも行動していくよう(山口県 中学1年生)
     

    私は夢を口にしてそれを行動するようにして生きていきたいです。腰塚さんは口にするだけじゃなくて、行動すると言っていたのでやる前にあきらめて後悔しないように絶対に少しでも行動していくようにしたいです。

    これからはどんなに小さい夢でもそれに向かって生きていきたいです。

    腰塚さんのように自分の命は自分だけじゃないと思って生きていきたいです。今、私がここにいれるのは家族、友達、先生沢山の人のおかげです。

    だからみんなの命なのでむだにしないように自分だけでなく沢山の人の命を喜ばせていきたいです。



    沢山恩返ししていきたい(山口県 中学1年生)
     

    いのちの日の講演会を聞いて、いのちの大切さについて学びました。

    今、生きていることは、全然当たり前じゃなくて、本当に幸せなんだなということにこの講演会を聞いてあらためて思いました。

    私のドリー夢メーカーは家族や友達などです。家族はいつも私のために、沢山のことをしてくれたり、いつも見守ってくれています。友達は私が困っている時に助けてくれます。

    私はこれからそんな人たちに、感謝の気持ちを持って、沢山恩返ししていきたいと思いました。



    沢山知ることができました(山口県 中学1年生)
     

    今日のいのちの日の講演会を終えて、改めて一つしかない大事な命の大切さや命の使い方、ドリー夢メーカーやドリー夢キラーのことについて沢山知ることができました。

    腰塚さんの体験したことは自分に起こったわけでもないのに、腰塚さんの話し方や後ろにあったモニターの映像によって全部はわかりませんが、その当時の苦しみや感じたことがとてもよく分かりました。

    そして今、自分が生きているのは周りにいたドリー夢メーカーのおかげなんだと自分はそう思うようになりました。



    日頃から愛されていた(山口県 中学1年生)
     

    今日は私たちのために貴重なお話を、聞かせていただき、ありがとうございました。

    腰塚さんは事故にあって、沢山のつらい思い、そして周りには自分を支えてくれる人たちが沢山いた、自分はけっして一人じゃない。自分の命は自分だけのもの??そのたった一つの命をどうやって使うのか。というような考えがうまれたと言っていましたね。

    私たちが思うよりもそうとう心にきたと思います。

    私が腰塚さんの立場であれば、ドリー夢キラーでいっぱいだと思います。ですが、周りには支えてくれる沢山の人たちがいる。腰塚さんは日頃から愛されていたから生きる気力になったと思います。

    周りのドリー夢メーカーは一番大切にすべき人なんだと改めて実感しました。



    必ず自分を助けてくれる人がいる(山口県 中学1年生)
     

    今日はいのちの日の講演会でした。この講演会が終わって一番に思ったことは「自分の命を大切にして自分の人生を楽しもう」です。そして今日学んだ事は「命を大切にする」という事以外に「必ず自分を助けてくれる人がいる」という事です。

    私は命を大切にするのはもちろん「自分が助けを求めている」と思ったら、信頼できる大人や友達に勇気を出して「助けて」と言おうと思いました。

    また、腰塚先生は首の骨を折ってしまったも、頑張ってまた先生として活動していたことはとてもすごいなぁと思いました。自分だったら、諦めていたと思います。

    そんなすごい人に会えてとても嬉しかったです。



    必要な夢を持って(山口県 中学1年生)
     

    今日の話を聞いて命の大切さが分かりました。この命を大切にしていくために必要な夢を持って生きていきたいです。大切なことは5つ誓い、ぼくも腰塚さんを見習って5つの誓いができ、友達のドリー夢メーカーになれるように頑張りたいと思います。



    自分の命を大切にしていきたい(山口県 中学1年生)
     

    今日は忙しいなか講演会をしてくださり、ありがとうございました。

    私が講演会のなかで1番印象に残ったのは「ドリー夢メーカー」の人のことです。

    私は「ドリー夢メーカー」という言葉を聞いて、自分が生きているのは当たり前じゃなくて、周りの人のおかげで生かされているだと思えました。

    その命は自分だけでなく、周りの人からも大切にしてもらっているんだと思い、改めて命の大切さに気付きました。

    今日のお話を聞いて、私は自分の命を喜ばせるため、自分で自分を傷つけず自分の命を大切にしていきたいと思います。

    そして周りの人の命を喜ばせるために人を傷つけず、周りの人の1人1人を大切にしていきます。

    今回はありがとうございました。



    心無い言葉を言ってしまった(山口県 中学1年生)
     

    ぼくの心にはドリー夢キラーの方がドリー夢メーカーより多いと思います。

    ぼくは友達に心無い言葉を言ってしまったことも多々あります。なので祝題の自分の命とほかの人の命を喜ばせることを頑張りたいと思います。

    そして人に感謝されるような人になりたいと思います。

    それと、今日の講演会のこと「めんどくさいな」と思っていたけれど、今はまた話を聞きたいと思っています。

    ぼくたちのためにお時間を頂いてとても嬉しいです。お体に気を付けて元気に長生きしてくれることを心から願います。



    私の世界は一気に広がりました(山口県 中学1年生)
     

    私達のために講演会をしてくださってありがとうございました。

    この話を通して、命の尊さについて学ぶことができました。

    さて、このかけがえのない命の講演会を通して、2つのことを大切にしようと思いました。

    1つ目は自分が本気で困ったときは、自分でなぐさめたり助けを求めたりすることです。そして自分だけでなく相手の命を大切にすることも必要だと思いました。

    2つ目は人の命を大切にするということです。これは人の心を大切にするということにもつながると思います。なので、悩んでいる人をみかけたら少しでも力になれるように努力したいと思います。

    この講演会で私の世界は一気に広がりました。

    これからもかけがえのない話で他の皆さんの心を響かせ、世界を大きくしてください。



    書くだけでなく行動にしたい(山口県 中学1年生)
     

    腰塚先生の講演会を終えてぼくは苦労の度合いがこんなにちがって努力の度合いもこんなに違ってすごいと思いました。

    この話を聞いて命を喜ばせるためには楽ばっかりせずに苦労して失敗して学んで成功して全部やりきってすっきりすると命が喜ぶと思います。

    そして友達の命を喜ばせるために自分のできる範囲で支えたいと思いました。これを書くだけでなく行動にしたいと思いました。

    本当にありがとうございました。



    「たよる」ことが大切(山口県 中学1年生)
     

    今日の講演会では命の大切さが分かりました。腰塚さんが経験したことはとてもつらかったんだなと思いました。口、耳、目、心、手足の5つの誓いがとても心に残りました。

    私は先生や友達などのことを「たよる」ということをしていきたいと思いました。

    腰塚さんが「たよる」ことが大切と言っていたからです。これからはドリー夢メーカーのことを頭に入れておきたいと思います。



講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP