受講者様の感想

    自分も成長しているのかな(愛知県 高校2年生)
     

    中学生のときに同じ講演を聞いたけど、中学のときとは思うことが違って自分も成長しているのかなと感じた。
    すぐに死にたいと言ってしまうけど、軽率に言ってはいけないなと思った。

    私には夢がありません(茨城県 中学1年生)
     

    今回の講演会で命の大切さがよく分かりました。私の周りには人の悪口を言う大人が沢山います。でも私は人の悪口は言ってはいけないと改めて分かりました。
    人を疑う前に自分を疑うことを心がけようと思います。
    私には夢がありません。私になりたい夢が出来た時「夢にリスクはつきもの」の言葉を思い出してがんばりたいと思いました。

    言葉にはとても「力」がある(茨城県 中学1年生)
     

    言葉にはとても「力」があるとお話しや校長先生との実験で感じました。ぼくはドリー夢キラーだったかもしれないけど、この講演のおかげでドリー夢メーカーになろうと思いました。
    「ありがとう」と言うのを忘れないでこれから生きていこうと思いました。
    講演に来てくれてありがとうございました。これからも講演会を周りの支えてくれる人と一緒にがんばってください。

    行動に移せるようがんばります(愛知県 高校2年生)
     

    とてもいい話だった。がんばれって言われても何がわかるの、とか、もうがんばってるってなるけど、一緒にがんばろうって言われたら少しはがんばれると思う。
    自分は死にたいとか自分の生きてる意味とかわからなくなって一人で考え込むことがよくあります。
    いやなことを口に出したり、態度に出したらダメってわかってるのにできないし、笑顔でいれなくてほんと自分ダメだなって思ってます。
    でも、今日の話をきいて少しずつでもドリー夢メーカーになれたらって思ったし、変わりたいと思いました。
    これを行動に移せるようがんばります。

    いっしょにがんばろう(徳島県 中学1年生)
     

    私は,腰塚さんの命の授業を聴いて,ドリー夢メーカーが周りにいっぱいいるなと思いました。私に,辛いことがあって悲しんでいたとき,友達や家族がとても心配してくれて,支えになってくれた人達がいっぱいいるなと思い出したからです。私の周りにドリー夢キラーはいません。でも私の中には絶対にいると思います。なぜなら,すぐネガティブな方にもっていく心があるからです。私は,そんな自分の中にいるドリー夢キラーを無くしたいなと思いました。腰塚勇人さんの授業で一番心に残っていることは,腰塚さんが重大なケガを負い,とても辛いリハビリをしているとき,リハビリを手伝う男の人が言った言葉です。「いっしょにがんばりましょう」という言葉が一番心に残りました。そのとき,腰塚さんにとって,「がんばれ」という言葉が一番言われたくない,言ってほしくないという言葉だったということに,とても共感しました。私は,辛いことがあったとき,“がんばれ”や“大丈夫?”という言葉をかけられると,もっと悲しくなってしまい,落ち込んでいたからです。でも,腰塚さんは,「いっしょに」という言葉があったから元気が出せて,良かったと思いました。これから,私の身の周りで何かに挑戦しようとしていて,その人にとって辛いことがあったら,「いっしょにがんばろう」と声をかけてあげたいなと思いました。

    工夫して楽しく過ごしたい(愛知県 高校2年生)
     

    学校つまらないと思ったことは何度もあるけど、それを変えようと自分で工夫してなかったなと思い、成長できてなかったので、これから工夫して楽しく過ごしたいなと思った。

    死んでも忘れたくない授業になりました(徳島県 中学3年生)
     

    腰塚さんの話はどの言葉も心に残っています。何度も泣いたし,泣きそうにもなりました。話を聴き終わった時,私は「腰塚先生の授業が受けられてうれしい」と感じました。『5つの誓い』はすごく心に残っていて,「口」「耳」「目」「心」「手足」,私はそんなこと一度も考えたことがないのに,腰塚先生はすごいし,かっこいいと思いました。最後に「命」。腰塚先生だけの6つ目の誓いですが,私もその誓いを守りたいし忘れたくないと感じて,すごく心に深く刺さりました。
    『ドリー夢メーカー』私がなれると思えないし,誰が私のドリー夢メーカーかもわかりません。ですが,なりたいし見つけたいと思いました。腰塚先生の命の授業を受けることができてよかったです。死んでも忘れたくない授業になりました。

    信じてもらえる人になりたい(愛知県 高校3年生)
     

    心に響く言葉をたくさん聞けて、自分も自分や誰かのドリー夢メーカーになりたいと思ったし、なれてるのかなと考えさせられました。
    私はこれから常に「5つの誓い」を心の留めて人生を過ごそうと思いました。口だけでなく行動することができる人になって、信じてもらえる人になりたいと思いました。とても心を動かされた講演でした。

    高校生活を有意義に過ごしたい(愛知県 高校3年生)
     

    私はこの学校に来てはやく卒業したいとか不満ばかり言っていたけど、この講演を聴いて自分で決めたことだから自分から楽しんであと少しの高校生活を有意義に過ごしたいと思いました。
    ありがとうございました。

    生きようと思う希望になった(愛知県 高校3年生)
     

    とても心に刺さる講演会だと思いました。この学校にも死にたいと思っている人達がいるっていうことを聞いてとてもつらかったです。でもこの講演を聞いて命は大切だと感じた人は多いと思うし、死にたいと思ったことがあった人にも生きようと思う希望になったと思いました。
    「助けて」と私も言えません。でもこの講演を聞いて少し言えるような気がしました。本当につらいときはしっかり「助けて」と言いたいです。

    恥ずかしがらずに言おう(北海道 中学3年生)
     

    普通に生きるということがとても幸せだということが分かった。自分は、「ドリー夢メーカー」になって周りの人や家族に対してマイナスな発言をせず、明るくし、苦しい時、つらいときには、自分1人で抱え込まず、私は周りの人を信用していない所があるので、信用して「助けて」という言葉も恥ずかしがらずに言おうと思いました。
    あと、夜寝る時に自分にお疲れ様を言って寝るために、今を一生懸命大切に生きようと思います。
    ドリー夢メーカーになって、ドリー夢キラーの人をいい方向に向けていこうと思います。

    心を自分で傷つけないようにしよう(徳島県 中学2年生)
     

    私のドリー夢メーカーはやっぱり家族だなと思いました。質問されたとき,頭に浮かんできたのは,友達もそうだけど,お母さんが一番に出てきました。些細なことで腹が立って,最近は特にピリピリしてしまっています。でも,やっぱりすぐに相談できたり,聞けたりするのは,私にとったらお母さんです。そして,命は自分だけのものではなく,家族のものでもあることを知って,今まで以上に命の大切さがわかったような気がします。だから,自分で自分を責めてしまうところを直していきたいです。すぐにネガティブ思考になってしまうので,心を自分で傷つけないようにしようと思いました。
    私には何でも相談できる友達がいます。逆に,その子も私に相談をしてくれています。「頼りになる」この言葉を言われる度に嬉しくなります。そういう子に出会えて,私は幸せだなと実感できました。私は,家族・友達・好きな人(芸能人)など様々な人から様々な視点で支えられていることを改めて感じました。私も,そんな風に誰かのドリー夢メーカーになったり,なれるといいなと思いました。

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP