皆さんの声

    腰塚さんの話はとても心にスッと入ってきました(兵庫県 高校1年生)
     

    腰塚さんが作られた動画に「目はよいところをみるために使う」という言葉があり、どんなふうに使っていくかが書いてありました。
    それを見たとき鳥肌がたちました。
    腰塚さんの話はとても心にスッと入ってきました。
    体験談だったからかもしれませんが、腰塚さんがとても強く思っていることだからだと思いました。
    「あなたのドリー夢メーカーは誰ですか」と聞かれた時に一番最初に家族がでてきました。
    普段ごはんを作ってくれるのに「ありがとう」もなにも思わないまま、作ってくれるのが当たり前のように食べていたけど、当たり前と思ってはいけないと思いました。
    これから色々な人に感謝して生きていこうと思いました。

    命があるというのはとても素晴らしいことなんだな(大阪府 小学4年生)
     

    今日は、命の授業をしていただきありがとうございました。
    僕は命があるのをふつうと感じていたけど、命があるというのはとても素晴らしいことなんだなと思いました。
    だからこの命を友だちや家族のために使おうと思いました。
    僕は腰塚さんの話にすごく感動したのでまた話を聞かせてください。

    これからは人に伝えていきたいと思います(茨城県 中学1年生)
     

    腰塚さんの話の中にあった「助けて」は誰でも言っていいということ、お互いに助け合うことなんだなあと改めて思いました。
    私は今まで助けては恥ずかしくて人に言えなかったので、勇気を出して助けてと言えるようになりたいです。
    腰塚さんの授業はこれで2回目になります。
    「ドリー夢メーカー」、この言葉を覚えていました。
    人に夢を伝えることはとても恥ずかしく今まで言ったことはありませんでした。
    でも、これからは人に伝えていきたいと思います。
    そして人の夢を応援できるようにしたいです。
    今日は本当にありがとうございました。

    この授業をわすれないようにしようと思います(茨城県 中学1年生)
     

    僕はあのような授業を初めて受けました。
    今までの授業は感動などはあまりしませんでしたが、今日受けた授業は感動以外にも沢山の何かを感じました。
    そして授業を終えた瞬間今までで一番命が大事だと思いました。
    「助けてって言ってもいいんだよ」という言葉は特に感動しました。
    僕も「助けて」って言おうと思いました。
    そして僕の周りでつらそうな友達がいたら今日受けた授業をもとにして声をかけたり、助けてあげようと思いました。
    帰ったら両親に話そうと思います。
    そしてこの授業をわすれないようにしようと思います。

    誰かに助けを求めることが大事なんだなと思いました(東京都 中学3年生)
     

    どんなに悲しくてつらいときでも誰かに助けを求めることが大事なんだなと思いました。
    とても感動しました。
    仲間とか家族とかこういう大変な時に助けてくれるのが思いやりなんだなと思いました。

    「助けて」は弱い人のいう言葉ではない(神奈川県 中学生)
     

    「助けて」は弱い人のいう言葉ではない。
    周りの人がいるから自分が輝ける。そう言われた時、とても軽い気持ちになりました。
    私は特別つらい過去も思い出もないし、実現したい夢はたくさんあります。
    私はどんなに恵まれているかが「命の授業」を聞いて本当に実感しました。
    腰塚さんが最後に言った「言葉を行動に移せないやつは信じない」、私も共感しました。
    家に帰ったら夢を叶える日の日付けを書いてみようと思います。
    私は「助けて」と言える「行動に移せる人になる」と自分の心に約束しました。

    自分の命を動かす行動(東京都 中学3年生)
     

    自分の命を動かす行動。
    明るく勇気づけること。
    いやなことよりもいいことを考える。
    困っていたら助けてあげる。
    相手の命を動かす行動。
    そばにいてあげたり、なぐさめたりすること。
    声をかけてあげる。
    「もしも」など例えをあげて話す。助けてあげる。

    当たり前と思っていることに感謝し、生活したいと思いました(東京都 中学3年生)
     

    いつもは当たり前に使っていた口、目、手足などがいきなりなくなったら、きっと僕は絶望し、立ち直れなくなると思います。
    なので当たり前と思っていることに感謝し、生活したいと思いました。
    そしてドリー夢キラーにならずにドリー夢メーカーになれるように生活したいと思いました。

    なやみを言った瞬間気持ちがかるくなる(東京都 中学3年生)
     

    「なやみを言った瞬間気持ちがかるくなる」という言葉を聞いてすごく感動しました。
    腰塚さんはみんなに周りの人に助けられたといいました。
    私もふだんから色々な人に助けられているので恩返しができるように頑張りたいです。
    ドリー夢メーカーを絶対になくさないようにします。

    とても新しい自分になれた気がします(東京都 中学1年生)
     

    腰塚先生の話を聞いて、とても新しい自分になれた気がします。
    以前の自分の考えは捨て去り、自分のためではなく、人のために生きようと思いました。
    困っている人がいたら、助けてあげて夢のサポートをしたいと思いました。
    そして自分自身がまわりから信頼される人になりたいです。

    あらためて友達を大切にしようと思いました(東京都 中学3年生)
     

    私は命についてあらためて、大切にしようと思いました。
    私は常に自分より相手優先で友達が困っていたら助け、一番に家族、友達を大切にしていきます。
    でもひとつ私は「助けて」が言えないんです。
    心配も迷惑もかけたくない。
    弱い人間って思われたくないんです。
    もっともっと強くなりたくて一人で戦いたくて。でも友達に言われるんです。
    「~は一人じゃないよ、ときには頼ってよ」と。
    こういってくれる友達が一人でもいてくれるだけで幸せです。
    あらためて友達を大切にしようと思いました。

    気持ちがわいてきました(東京都 中学1年生)
     

    「大切な人がいなくなってしまったら、失いかけてたら?」
    この質問、グサッときました。
    私の一番は家族です。
    家族には、不安なことなどの相談ができます。
    最初、私はそんなの考えたくないと思っていました。
    でも私のドリー夢メーカーは「大切な人こそ深く考えよう。失わないように助け合っていこう、たくさん良いこと思い出をつくっていこう」という気持ちがわいてきました。

講演関連情報
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP