受講者様の感想

    いやなことはどんどん減っていく(東京都 中学3年生)
     

    夢は自分を動かす力になるということ。腰塚先生が生きたいと願って努力をして信頼できるドリー夢メーカーたちに支えられて先生に復帰できたことが、夢を叶えようとする力と実際に行動した人たちの活躍があってのことだと思いました。

    僕は「命の授業」を受けて、自分の中にいるドリー夢メーカーと向き合い、周りの信頼できるドリー夢メーカーを探していかなくてはならないと思いました。

    辛い人生を乗り越えた人だからこその説得力があり、もし世界中の人々が5つの誓いを心に行動したなら、いやなことはどんどん減っていくと思いました。



    命がどれだけ大切なのか(東京都 中学3年生)
     

    私が腰塚先生の「命の授業」を受けて思った事は命がどれだけ大切なのかを知りました。

    私はドリー夢メーカーとかドリー夢キラーなど考えた事はないけれどこの授業で自分にはドリー夢メーカーやドリー夢キラーがいるのかと考えました。

    腰塚先生の授業はこれから先、本当に大切なんだと分かりました。

    腰塚先生が言っていた「継続は力なり」という言葉を大切にしたいと思います。私は腰塚先生の「命の授業」ができて良かったです。



    前向きに考えること(東京都 中学3年生)
     

    私は「命の授業」を受けてみて「命」の大切さ、時間の速さを改めて知ることができました。「命」が一秒一秒と生きていることが、どんなに素晴らしいことがということもすごく伝わってきました。

    「命の授業」で腰塚先生が言っていたように、どんなことでも「~のせいで」と言うのではなく、「~があったから」というように、前向きに考えることの重要さもすごく伝わってきました。

    私は受験のことで悩んでいたり、不安だったけれど、腰塚先生のその言葉を聞いて、前向きに生きていこうと、思えるように頑張りたいと思いました。



    印象に残りました(東京都 中学3年生)
     

    腰塚先生はあんなに大変の事故があったにも関わらず約1900回近くの「命の授業」をしていてすごいと思いました。

    特に「ドリー夢メーカー」と「ドリー夢キラー」のお話が印象に残りました。

    スキーの事故のあとの腰塚先生の心の中にはドリー夢キラーがいたけど、3年1組の生徒さんたちや学校の先生たち、家族、病院の人々が腰塚先生のドリー夢メーカーに励まされて、腰塚先生が今の仕事をしているんだと思いました。

    だから、ドリー夢メーカーになることはとてもすごい事なんだと思いました。

    私も誰かのドリー夢メーカーになって誰かのドリー夢キラーをなくしてあげたいと思いました。そして一人ではなく、誰かに「助けて」といえるようになろうと思いました。



    最後まであきらめず(東京都 中学2年生)
     

    私は今までこういう授業を受けてきて、腰塚先生の「命の授業」が一番感動して心に残りました。

    手足は人を助けるために使うとか本当にそのとおりだなって知ることができました。

    ドリー夢メーカーは周りだけじゃなくて自分自身の中にもいるっていうのもすごいなって思いました。

    体が動かなくても最後まであきらめずにリハビリをして体が動くようになったのを見て本当に感動しました。努力はむくわれるってこのことなんだなって本当に思いました。

    私も最後まであきらめず自分の中のドリー夢メーカーを向き合っていきたいと思いました。



    日常生活から考えること(東京都 中学2年生)
     

    今回の「命の授業」を受けて、あらためて、命がある事のありがたさを感じました。

    腰塚さんの話を聞いて命が喜ぶ生き方をしようと思いました。事故で苦しい思いをした時に支えてくれた人がいたから頑張れたのだと思いました。また、人の支えだけでなく、自分も努力をし、身体が動かせる様になった事が本当に素晴らしいと思いました。

    だれかの「ドリー夢メーカー」になれているのか、又「ドリー夢キラー」になってしまっていないかと、日常生活から考えることができました。

    これからは、苦しんでいる人、つらそうな人にそっとよりそえる「ドリー夢メーカー」になりたいです。そして様々な人の役に立てる様な人になりたいです。



    誰かの「ドリー夢メーカー」に(東京都 中学3年生)
     

    腰塚先生の「命の授業」を受けて、私の心の中には「ドリー夢キラー」がたくさんいてネガティブになりがちなので「ドリー夢メーカー」をどんどん増やせるよう努力していきます!私にとっての「ドリー夢メーカー」は友達で、私が落ち込んでいる時には励ましてくれました。

    私も誰かの「ドリー夢メーカー」になっていきます。



    誰かのために(東京都 中学3年生)
     

    私は腰塚さんに命の尊さや努力する事の大切さを学びました。つらかったら周りに助けを求めていいんだよ、そして自分自身と向き合う事も大切な事なんだよって言ってくださいました。受験へのプレッシャーがすごく苦しんでいる時に自分にとってのドリー夢メーカーはいますか?って夢はある?とすごくよりそって優しい言葉をかけて頂いて、本当にもっと自分と向き合ってみようと思い直せるとてもいい経験をしました。腰塚さんは自分にとってのドリー夢メーカーです。そして自分は腰塚さんが自分にそうしてくれたように自分も自分ではない誰かのためにドリー夢メーカーとなれるように頑張りたいです。



    頑張っていこう(東京都 中学3年生)
     

    腰塚先生のような状況にもしも私がなったら、きっと「ドリー夢キラー」に負けてしまうだろうと思いました。自分を支えてくれる「ドリー夢メーカー」の存在はやはり大きくて、それに気付くには命がどれだけ尊いものなのかを理解できるようになるまで難しいことだとも思います。

    「ドリー夢メーカー」に自分がなることは大変なことだけれど、誰かが「ドリー夢キラー」に負けないように自分ができることをしたいです。

    腰塚先生の授業で目、耳、口、手足、心の使い方を聞いて、たとえ先生のように人生を人のために生きることはできなくても、自分なりに頑張っていこうと思います。



    少しだけ勇気がでました(東京都 中学3年生)
     

    私は先日の腰塚先生の命の授業を受けて、どれだけ人に無理って言われても諦めなければやりとげることができるんだなと思いました。

    私は無理って言われたらすぐ諦めてしまうクセがあるので、腰塚先生の話を聞いて少しだけ勇気がでました。

    他人に無理とか、できないよ、とか言われても自分ができると思ってる限りは続けたいなと思いました。これから高校受験で色々な壁にぶつかると思うけど、腰塚先生の言葉を思い出して頑張りたいなと思いました。



    頑張れるという気持ち(東京都 中学3年生)
     

    腰塚先生の命の授業を受けて、いろいろな事を学びました。まず命は大切で応援してくれてる人達がいっぱいいて、勇気をくれる人もいて、でも一番大切なのは自分の気持ちなんだなと分かりました。僕はすぐに諦めてしまうタイプで、頑張る事がとても苦手です。

    でも、今回の命の授業を受けて、自分の心の中で、また頑張れるという気持ちをずっともって頑張ろうと思います。今回は本当にありがとうございました。



    ドリー夢メーカーに支えられて(東京都 中学3年生)
     

    「命の授業」を受けて、改めて命の大切さや私たちは友達や周りの大人たちなどのドリー夢メーカーに支えられて今を生きているということを感じました。

    私も誰かのドリー夢メーカーになっているといいなと思いました。先生が誓った5つの言葉がとても心に響き、自分もこういうことができたらいいなと思いました。本日は私たちのために講演会を開いていただき、ありがとうございました。講演会頑張ってください。



講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP