受講者様の感想

    ドリー夢メーカーがいるから(兵庫県 高校2年生)
     

    今日の講演会では今までより改めて命がどれほど大切なものかを実感できることができたし、腰塚さんの言っていることが一つ一つ心まで響きすごい人だと思いました。今日の講演会では本当に命のありがたみ、大切さ、命は自分のものだけじゃないということを知ることができたし、人はやっぱり周りのドリー夢メーカーがいるから生きていけるし、支えになるんだと思いました。

    改めて学ぶことができました(兵庫県 高校2年生)
     

    自分の中で印象に残っていることは、「ドリー夢メーカー」という言葉です。今の自分がいるのは自分だけの力で生きてはいないということを「命の授業」で学びました。今生きているのは、自分を支えてくれる人が周りにいるということも学びました。この講演会をとおして「命を大切にする」ということがどういうことか、改めて学ぶことができました。

    言葉は「言刃」(兵庫県 高校3年生)
     

    とても分かりやすいお話で、これまで腰塚さんが経験から考えてこられたことをよく知 ることができました。言葉を「言刃」と表すお話は、名探偵コナンの劇場版にも出てきた のを覚えていて、僕自身もとても共感できました。自分の人生に置きかえて、誰かと関わりどんな影響を受けてきたか考える機会になりました。

    一人一人がドリー夢メーカーとなれる(広島県 高校2年生)
     

    腰塚さんの命の授業を聞いて、『命』について多くの事を考えさせられました。自分の命は自分一人のものではないということ、一人一人がドリー夢メーカーとなれるような存在になること。
    その中でも特に印象的だったのは「5つの誓い」です。
    この言葉の意味を知ったとき自分の中の人生観が変わった気がしました。人の役に立てれるようなそんな存在に、大人になりたいと思いました。
    自分は腰塚さんのように大きな事故に遭って命の危機にさらされた事が無いので分からない部分もあるかもしれないけど、もし、自分が腰塚さんと同じ立場になったら、「身体が動かないんだったら死んだほうがマシ。」と思ってしまうかもしれないけど、腰塚さんの場合は、家族や先生方、生徒たちと支え合いながら辛いリハビリを乗り越えて、沢山の人から生きる希望を貰って、そこから自分の体験談と共に、沢山の人に生きる希望を与える立場になって、多くの方の心の支えとなっていて、その行動力が素晴らしいなと思いました。
    どんな辛い事があっても、みんなで支え合いながら頑張る事が大切なんだと改めて感じました。私も腰塚さんのような「命の喜ぶ生き方」が出来るような人間になりたいと思いました。

    あらためて再認識しました(兵庫県 高校2年生)
     

    実体験を元にした話は、とても興味を引くお話ばかりでした。今の自分には非現実なことが実感がなかったのですが、テレビでの特集の動画を見ていると、これは誰にでもありえることだなと思いました。腰塚さんの目、口、耳、手足、心の言葉は心に染みました。 この講演を体験して、命の大切さをあらためて再認識させてもらうことができました。ありがとうございます。

    みんなのモデルになりたい(兵庫県 高校2年生)
     

    私は腰塚さんのような辛い経験はしたことはないですが、ドリー夢メーカーやドリー夢 キラーの話を聴いて、とても感動しました。私のクラスにも腰痛で歩くのもしんどい子がいるのですが、私はその子のドリー夢キラーになっているかも知れないと少し不 安になりました。私は部活のキャプテンもやっているので「言刃」にならないようにみんなのモデルになりたいと思いました。

    一緒に頑張っていきたい(兵庫県 高校2年生)
     

    今日、腰塚勇人さんの話を聞いて思ったことは、本当にすごいなと思いました。腰塚さんの経験、これまでやってきたこと、あじわったこと、またそれを超えていく腰塚さんの姿は、アンビリバボーの動画であったり、話だけでものすごく伝わってきました。また、 命の大切さや生きることの大切さを改めて感じることができました。「一緒に頑張る」っていう言葉であったり、支える言葉であったり、腰塚さんが担任を持ったクラスのみんなの行動、両親、先生方、支えてくださった人がいてこそ絶望から立ち上がって、未来へとつき進んでいく腰塚さんの姿であったり行動力がとてもすごいなと思いました。とてもよい名言ばかりで分かりやすく短時間でまとめてくださっていたのでとてもよかったですし、もっと話を聞きたいと思いました。そして、頑張っている場所がちがうけど、一緒に頑張っていきたいと思いました。今日はとても分かりやすく話してくださって、ありがとうございました。

    素敵な人のお話を聴かせていただいた(兵庫県 高校3年生)
     

    今日の講演会を聴いて改めて命について考えることができました。私は人のために生きられるようにしたいし、ドリー夢メーカーを大切にしていきたいと思いました。5つの誓いは、実際にできていないと思うことがあったので、誓いを意識して、人との関わりを持ちたいです。今日の腰塚さんの姿を見て、私は素敵な人のお話を聴かせていただいたと感じました。

    今が「当たり前」ではなく(広島県 高校2年生)
     

    私の周りには、腰塚さんのような首の骨を折ってしまい、全身が動かなってしまったような人はいないので、今回の講演会を聞かせて頂いて、まずとても驚きました。
    普通の体育教師だったはずなのに、スキーに家族で行った日に突然首の骨を折り、呼吸は出来ず、全身動かなくなってしまう、長い人生のなかで、たった一瞬で、残りの人生を大きく変えてしまった絶対に予想が出来なかった出来事だと思います。
    今の自分が予想をしても、経験が全く無いためその予想をはるかに上回る痛みや苦労、辛さ、絶望などがたくさんあったと思います。
    しかし、生徒の方々や教頭先生、両親など周りの環境、人の素晴らしさ、その人たちの、「ドリー夢メーカー」のおかげで腰塚さんは立ち直ることが出来、私はそれらは結局、腰塚さんの人望などもあったからこそだとかんじました。
    腰塚さんや、周りの方々はこれら、「5つの誓い」が出来ていたから、医療では証明出来ないような、奇跡の復活をすることが出来たのではないかと思います。
    私は今回の腰塚さんの講演会で、あきらめない大切さ、仲間の大切さを学びました。
    これから私たちは受験勉強だったり、社会に出ても大変な思いをすることが沢山あると思いますが、腰塚さんのように諦めないような心と、「5つの誓い」を大切に大切に、今が「当たり前」ではなく「感謝」を忘れずに生きていきたいと思います。

    前を向かせてくれた存在がいた(兵庫県 高校3年生)
     

    ドリー夢メーカーとドリー夢キラーの話が印象に残りました。まずドリー夢キラーですが、中学校の時に不登校になっていた時期があり、寝れない日の夜中は自分をずっと責めていたことや、生きるのが怖いけど死ぬのもいやだと思っていた時期があったので、心に何か響きました。ですが、同時に確かなドリー夢メーカーの存在、家族やゲームのキャラの言葉など、自分を助けてくれ前を向かせてくれた存在がいたなと考え思うことができました。自分も誰かのドリー夢メーカーになりたいと思いました。

    昔の自分にあてはまっていました(兵庫県 高校3年生)
     

    腰塚さんのことはアンビリバボーで知りました。知っていましたがその時は命に関して興味を持てませんでした。ですが、ドリー夢メーカーの話で、昔の自分にあてはまっていました。自分の誰かのためのドリー夢メーカーになりたいと思いました。

    今生きていることへの幸せ(青森県 中学2年生)
     

    「命の授業」を終えて今生きていることへの幸せや正しい生き方について考えることができました。
    自分の中のドリー夢キラーである時間より、ドリー夢メーカーでいる時間を増やして、言葉だけではなく、行動に移したいです。
    自分の命を喜ばせるため口や心の正しい使い方をして仲間家族の命を喜ばせるために日頃からたくさん「ありがとう」を言って、誰かのドリー夢メーカーなにれるように頑張りたいと思いました。

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP