受講者様の感想

    今,動く体の最大限の力を使って(徳島県 中学2年生)
     

    夢はとても深い意味があるんだなと思いました。“you―me”つまり“あなたー私”。夢はみんなで支え合って叶えるもので,それがあるから生きたい・生きようと思えるのだと知りました。腰塚さんは日本中飛び回って命の授業をして,正直すごいと思いました。腰塚さんがたくましく生きているのを見て,なんだかこれからが楽しくなってきました。ドリー夢メーカーです。私が「5つの誓い」の中で特に心に残っているのは,「口は人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう…」です。言葉は時に人を傷つける刃になると教えてくれました。
    私は「ありがとう」や「大丈夫」など言えるようにしたいです。腰塚さんも今回,口でお話をしてくださいました。言葉は無限だなぁと思いました。しかし,このように「~したいと思う」と口だけで言っても行動に移さなければ意味がありません。今,動く体の最大限の力を使って人を助けられるようにしたいです。

    大切にしたい言葉がありました(徳島県 中学1年生)
     

    腰塚勇人さんの命の授業を聴いて,心に残る言葉がたくさんあり,胸を打たれる講演でした。特に「5つの誓い」が印象的で,目,耳,手足,口,心にも使い方があることを知りました。映像の中にリハビリを続け,クラスの生徒のために頑張っている姿を見ていて,努力する勇気というものが見えました。この講演で,自分の心の中で,大切にしたい言葉がありました。それは,「決して一人じゃない。自分の夢を支えてくれるドリー夢メーカーが身の周りいる」という言葉です。この言葉を,諦めかけている時,自分を低く見ている時に何度でも心の中でくり返し言っていきたいです。今日,命の大切さなどのことについて,いろいろと学べました。「生きる」ということは,人生とって欠かせないものと感じました。これから夢を諦めず,周りの大人を信じ,自分も誰かのドリー夢メーカーになりたいと思います。

    ドリー夢メーカーになります(徳島県 中学2年生)
     

    腰塚さんが言う1つ1つのワード,とても胸に刺さりました。ドリー夢メーカーとドリー夢キラーは自分の中にいるというのは,とても共感できました。周りの人は私に対して何も思っていなくても,なぜか嫌なことを思っているんじゃないかと思ってしまう。でもそんなことを思っているのが,自分の中にいるドリー夢キラーなんだとわかりました。命の授業5つの誓いはずっと覚えておきたいです。
    口,耳,目,心,手足,そして6つ目の命,どれも大切だと思いました。そして,感想だけじゃなくて感動。感じたら動というワードは,今回の腰塚さんの命の授業で一番覚えておきたいです。なぜなら,これまでにもたくさんの人権映画やアニメを見て,感想をたくさん書いて「これからは○○していきたいと思います」と書いてきましたが,何一つ行動に移せなかったと思います。だから,これからは「思います」じゃなく「します」「していきます」と書いて行動します。僕はこれから他の人たちのドリー夢キラーにならずドリー夢メーカーになります。

    「命」の大切さを改めて実感しました(徳島県 中学1年生)
     

    腰塚さんの話を聴き,「命」の使い方,そして「命」の大切さを改めて実感しました。命は自分だけのものではない。家族,そして友達,みんなのものだと教えて下さいました。腰塚さんがリハビリに必死に取り組めたのは,家族,子どもたち,先生方の言葉があったからだと言っていました。「心は今日の積み重ね」という言葉を聞き,まさしくその通りだと思いました。1.「口は人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう」2.「目は人の良いところを見るために使おう」3.「耳は人の話を聞くために使おう」4.「手足は人を助けるために使おう」5.「心は人の痛みがわかるために使おう」という5つの誓いがあります。これからの生活にこの腰塚さんとの5つの誓いを胸に生きていこうと思いました。腰塚さんの書いた本も読んでみようと思います。これからも多くの学校で命の授業をがんばってしてほしいです。

    6つ目の誓いを忘れないよう(徳島県 中学3年生)
     

    死にたいとまで思ったのに,いろいろな人の支えで歩けるようにまでなって,人の力は本当にすごいなと命の授業を聴いて改めて思いました。自分も怪我をしてバスケ部の練習を1年間できない時期がありました。そのときに一番支えてくれたのは家族で,他にもチームメートや先生,いろいろな人が支えてくれたから,また復帰することができました。その時に,いろいろな人に感謝したし,その期待に応えようとも思いました。腰塚さんの授業を聴いて,その時の気持ちとかぶりました。やっぱりうまくいかなくなったりすると,その時は気づいてなくても,ドリー夢キラーがいたなと思いました。だから,うまくいかないときこそ,ポジティブに考えてドリー夢メーカーを増やしていきたいと思いました。これからいろんな人に出会うと思うけど,もし,落ち込んでいる人,困っている人など,助けを求めている人がいたら「頑張れ」ではなく「頑張ろう」と声をかけていきたいと思います。そして,5つの誓いと6つ目の誓いを忘れないように思い出しながら生きていきたいと思いました。命を粗末にしない生き方をしていきたいです。

    成長できるようにしたい(徳島県 中学1年生)
     

    腰塚勇人さんの話を聴いて,私たちが今当たり前にしていることは,当たり前じゃないということがわかりました。なので,今生きていることは当たり前じゃないから,一日一日を大切にし,自分がしたいと思うことはやろうと思いました。腰塚さんが言っていた5つの誓いを心において友達を傷つけたりしないようにしようと思います。口ではいっぱい言えるけどこれを行動に移して,成長できるようにしたいです。今,私のことをいろいろしてくれている友達や両親に感謝しながら生きていこうと思います。苦しい時とか悲しいことがあっても,「死にたい」とか「人生終わった」とか言わず「命」と「未来」は残っているからすぐあきらめず,一生懸命頑張ろうと思いました。今日,命の授業で腰塚勇人さんが言っていたことを忘れず,命を大切に,周りの支えてくれている人達に感謝しながら過ごしていこうと思います。普段の生活で1つでも多く行動していきたいです。

    行動であらわさなければならない(徳島県 中学2年生)
     

    私のドリー夢メーカーは,家族や友達,先生だと思います。辛いことがあって落ち込んでいるときや,大変なときにいつも支えてくれていて,自分自身も支えてもらっているのではないかなと思います。一度だけでもすごく辛いことがあれば立ち直るのは難しいことなのに,腰塚さんは,生徒や家族の方のおかげでリハビリもがんばれるなんてすごいなと思いました。もし,私が同じ状況になったら,きっと誰の声も聞かず,ずっと一人で悲しんで絶望に落ちていただけではないのだろうかと思います。腰塚さんの言っていた5つの誓いはとても大切なことだと思いました。目・耳・口・手足・心というのは,人と関わり合うための大事なものだと思います。自分の周りにはたくさんのドリー夢メーカーやドリー夢キラーがいるからこそ,楽しいことや辛いことが人生の中であるから良いのではないかなと思います。腰塚さんの話を聞いて,夢は語るだけではなく,行動であらわさなければならないということが,この話でわかることができました。

    よい未来にしていきたいです(徳島県 中学2年生)
     

    私のドリー夢メーカーは家族だと思いました。私が小学校3年生の時にサッカーがしたいと言うと,お母さんとお父さんは「○○がしたいっていうんだったら応援するよ」と言ってくれました。そのおかげで卒業まで続けられました。今日の講演を聴いてさらに感謝しようと思いました。いつも一番近くで見守ってくれているので,私も頑張らないとなあと思えました。私は将来たくさんの人を笑顔にできる仕事がしたいです。たくさんの人を笑顔にして腰塚さんみたいに勇気をいっぱい与えたいなと思いました。
    今日の講演を聴いて,命の大切さを改めて深く学びました。それに,感謝することの大切さも学べました。どんなに辛いことがあっても絶対お母さん,お父さんよりは早く死なないと決めました。これからの私の人生を自分なりにたくさん考えて,よい未来にしていきたいです。

    100%明日が確実にある人なんていない(徳島県 中学2年生)
     

    私は,今回腰塚さんに講演に来ていただいて,命の大切さや周りの人の大切さなど,たくさんのことを学びました。100%明日が確実にある人なんていない,と私は昔,ある人に言われて,自分の気持ちは思ったときにすぐに相手に伝えるようになりました。すると友達もたくさん増えたし,笑顔も増えました。今日,その人は私の人生で大切なドリー夢メーカーだと思いました。
    私は腰塚さんの話を聴いて,人に言う前に,まず自分が行動しなくてはいけない,というのが一番心に残りました。部活で最上級生になり,後輩に教えているけれど,今日,私は,教える立場,みんなを引っ張っていく立場なんだから,みんなより努力して上手にならなくてはいけないと思ったので,頑張りたいです。

    何か心に響くものがありました(徳島県 中学1年生)
     

    ぼくは,腰塚勇人さんの「命の授業」を聴いて,何か心に響くものがありました。心に響いたのは「5つの誓い」です。ぼくが5つの誓いで一番大事だと思ったことは,口です。自分の弱さを認めることはとても難しいことなので,自分の弱さを認められるようになって,助け合って生きていきたいです。自分は強がりだと思うのですが,誰かに助けてもらいたい時に助けてもらい,自分も誰かを助けてあげられるドリー夢メーカーになります!人を助けるために手足を使い自分の弱さを認めながらいっしょに歩んでいきたいと,腰塚さんの「命の授業」を聴いてそう思いました。そして,今,ぼくがこの紙に書いたことをしっかり覚えて毎日を生きていきたいと思いました。

    今,自分ができることをして(徳島県 中学1年生)
     

    僕は,水泳をやっているんですが,骨折を3度もしました。そして,自分の中のドリー夢キラーが「水泳人生終わりだ。親のお荷物。いらないから死ねばいいのに」などといった言葉をかけてきたときもありました。けど,腰塚さんの講演を聴いて,いくらケガで絶望しても決して死にたいだなんて思わず,今,自分ができることをして,決してあきらめず,命を捨てずに生きていこうと思いました。そしてみんなのドリー夢メーカーとして頑張っていきたいです。

    全員一人一人に命があります(徳島県 中学1年生)
     

    この講演を聴いて,命は傷つけてはならない,とても大切な存在なんだと思いました。人というのはいろんな細胞からできていて,全員一人一人に命があります。この命を失わないためには,体の「目」「口」「耳」「手足」「心」を有効活用しなくてはならないことがわかりました。この世にいるすべての生命には寿命があると思います。人生にはいろんなトラブルがあります。この講演で,たとえ自分の人生にとんでもない悲劇があったとしても,その中には自分の力だけでは乗り越えられないものだってあることもわかりました。自分以外の力を借りて生きていくことも大切さだとわかりました。
    今,自分にできることをどんどんこなしていこうと思います。

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP