受講者様の感想

    自分を自分らしくしてみよう(奈良県 中学3年生)
     

    自分の命は他人のために使う人生を送ろうと考えていた。だけど、腰塚さんの話を聴いて考えてみると、それは自分から逃げて、相手のせいにする人生のことを考えていると実感した。自分ができないことは、相手にもできないというのは、自分を大切にしない人が本当に相手を助け、大切にできないとことを実は意味していることを知ったような気がした。感謝とは、自分を自分自身で感じて、心からその行いを受け入れた時に出る言葉だと感じた。これからは、もっと自分を自分らしくしてみようと決めた。

    感謝して大切にしていきます(奈良県 中学3年生)
     

    自分が困っている時、悲しい時、苦しい時に支えてくれる友だちや家族の大切さに改めて気がつきました。私たちの回りには、たくさんの人間がいて、支え合って生きています。なので、一人で生きていきていくことができない自分のために、どれだけの人が協力してくれているか考え、常にそのことを忘れないように生きていきたいと思います。ある物がなくなってから大切さに気づくのではなく、ある間にその物に感謝して大切にしていきます。

    ぐっと心に刺さりました(奈良県 中学2年生)
     

    「口は、人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう。」という言葉がぐっと心に刺さりました。また、「ドリー夢メーカー」に感謝し、僕も「ドリー夢メーカー」になれるよう一生懸命に頑張っていきたいと思った。

    自分はこの世にたった一人しかいない(奈良県 中学2年生)
     

    話し方が特徴的で不思議な世界観に引き込まれた感じがしました。「世界で一番大切なのは自分だ。これは自己中心的でも、自己満足でもない。」と言われた時、物事の考え方が少し変わった気がしました。自分はこの世にたった一人しかいないので、自分が一番大切なのは当たり前なのだと改めて感じました。

    自分の心と向き合えて(奈良県 中学2年生)
     

    私は人を信じることが少し怖かったです。理由は、大切だと思っている友だちから、いつか見捨てられてしまったら…という不安からでした。でも、私にはいつも一緒に笑ってくれて、頑張ってくれる大切な親友がいました。今日の講演を聴く機会があったから、自分の心と向き合えて、人を信頼していくことがわかりました。本当にありがとうございました。改めて、命を大切にしていこうと思いました。

    自分は最低だと思いました(奈良県 中学1年生)
     

    僕は6年生のとき不登校でした。その時、母の支えのおかげでここまでこれました。不登校の頃は、何度か自殺を考えました。ぼくは家族や友達が悲しむ事まで考えていませんでした。この話を聞いて、自分は最低だと思いました。家族や友達がすごく悲しむだけではなく、いろいろな人に迷惑をかけてしまう。『せっかく育ててもらった命を捨てる』そんな事をしようと思うのは、絶対にやめようと思った。

    心の余裕ができました(高知県 中学3年生)
     

    中3になり、勉強等に追われていたこの時期にとても心の余裕ができました。ありがとうございました。

    自分の気もちと向き合いたい(高知県 中学2年生)
     

    小・中学校に講演においでくださったのは2回目でした。2回目でも興味深く、飽きないお話でした。1回目は命の授業で、今回は気もちの授業ということで、自分の気もちが何をするにしても大事だということを学びました。そして自分の気もちが荒れててもそれを自分が受け止めることも必要だとおっしゃってて、私もしっかり自分の気もちと向き合いたいと思いました。

    腰ちゃんの事を思い出して(高知県 中学1年生)
     

    私は腰ちゃんの講演会を聞くのは2回目だったけど、やっぱりすごいなーと思いました。
    自分のドリー夢キラーに負けずに闘っている姿を見て、私も腰ちゃんみたいに、できないと言われても諦めずに頑張れる人になりたい!と思いました。私も誰かのドリー夢キラーになっていないか、誰かのドリー夢メーカーになれるように頑張ろうとか思うことのできる1時間になりました。これからいろんな事があると思うけど、そんな時は誰かに相談したり、腰ちゃんの事を思い出して頑張りたいと思いました。

    ドリー夢メーカーになれたら(高知県 中学1年生)
     

    ドリー夢キラーに打ち勝てる強いドリー夢メーカーがいれば頑張れるんだと思いました。
    僕もドリー夢キラーに負けないように生きていきます。そして誰かにとってのドリー夢メーカーになれたらいいなと思います。

    ドリー夢キラーな自分もいること(高知県 中学2年生)
     

    自分が誰かのドリー夢メーカーになっているか考えました。少しドリー夢キラーな自分もいることに改めて気づきました。腰塚先生はドリー夢キラーに勝っているからこそ、ドリー夢メーカーでいられると思います。私も相手の気もちを考え、自分の湖を穏やかにさせてドリー夢メーカーになりたいです。

    胸が熱くなりました(千葉県 PTA役員)
     

    熱と実感のこもったお話に胸が熱くなりました。
    腰塚さんの誠意と、使命感を持って臨んでいらっしゃるその存在感に圧倒されました。
    貴重なご講演に聴講させていただき、本当にありがとうございました。
    地元の市PTAの役員を集めた講演会も毎年秋に行われており、
    そちらでもぜひ推薦させていただきたいと思っております!
    またお会いできるときを楽しみにしております。
    今後のご活躍をますます期待しております。

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP