皆さんの声

    きづけてよかったと思いました(大阪府 小学3年生)
     

    命のじゅぎょうを教えてくださってありがとうございます。
    私の中には、ドリー夢メーカーもドリー夢キラーもいます。
    だからドリー夢キラーを少しでもへらしたいと思いました。
    そのことにきづけてよかったと思いました。
    こしづか先生、楽しくていいべんきょうになりました。

    命のじゅぎょうが大好きです(大阪府 小学2年生)
     

    わざわざかながわから来ていただきありがとうございます。
    ぼくは命のじゅぎょうをずっと待っていました。
    命のじゅぎょうはただはなしているのじゃなくて未来をかえたり友だちとのきずなを深めてくれます。
    ぼくはそんな命のじゅぎょうが大好きです。

    ドリー夢メーカーを絶対になくさないようにします(東京都 中学3年生)
     

    「なやみを言った瞬間気持ちがかるくなる」という言葉を聞いてすごく感動しました。
    腰塚さんはみんなに周りの人に助けられたといいました。
    私もふだんから色々な人に助けられているので恩返しができるように頑張りたいです。
    ドリー夢メーカーを絶対になくさないようにします。

    感謝の気持ちが一杯です(千葉県 教員)
     

    指導に困る生徒がいました。
    本当は良くなってほしい、もっと楽しく接したいと思ってはいるものの、上手く伝えられず困っていました。
    腰塚さんの話を聞いて、自分の胸に強く刺さりました。
    講演後、その生徒と話をし、今までの自分の接し方を謝罪し、本当の胸の内を伝えました。
    その生徒は「謝るのは先生じゃない、自分の方だ」と言ってくれました。
    今回の講演を聞いていなかったら、その生徒とは溝があるまま卒業させてしまっていたと思います。
    言葉に表せないくらい感謝の気持ちが一杯です。
    ありがとうございました。

    分かっているつもりでした(山口県 中学1年生)
     

    私が1番心に残ったことは、命がとても大切だということです。
    分かっているつもりでした。
    先生の経験を聞いて、命がどれくらい大切かがきちんと分かりました。
    また、自分の中に「ドリー夢メーカー」がいるかまたは「ドリー夢キラー」がいないかを考えました。
    自分でもよく分かりませんでした。
    だから私はまず自分の心を見つめ、ドリー夢メーカーを増やしていきたいと思いました。
    ありがとうございました。

    ドリー夢メーカーが1番心に残っています(山口県 中学2年生)
     

    私は今日の講師が腰塚さんだと聞いてびっくりしました。
    理由は腰塚さんの「命の授業」の本で読書感想文を書いたからです。
    会えると思っていなかったので、びっくりしました。
    本でも講演でもドリー夢メーカーが1番心に残っています。
    私は沢山の人のドリー夢メーカーになって、みんなが笑顔になってくれたら嬉しいです。
    私の周りにいるドリー夢メーカーに「ありがとう」を言っていきます。
    今回の話を聞き、夢に向かってがんばろうと改めて思いました。
    壁にあたっても壁を越えられるようにがんばり、「助けて」と「ありがとう」が言えるドリー夢メーカーになります。

    心に決めることが大切だと思いました(愛知県 中学3年生)
     

    私はもともと、努力をするのが苦手で、自分がやりたいと思って始めてみたことも空回りして嫌になることがあります。
    少しでも上手くいかないことがあると、諦めてしまうからです。
    今日の講演会を聞いて、今まで私は自分との約束を果たせていなかったのだと思いました。
    まだ全力で努力していないのに、できるかできないかでなく、自分がやるかやらないかを心に決めることが大切だと思いました。
    ありがとうございました。

    誰かのドリー夢メーカーになろうと行動をしたいです(愛知県 中学3年生)
     

    今日の「命の授業」を受けて、ドリー夢メーカーの話を聞いて私はこう思いました。
    「自分は誰かのドリー夢メーカーになれているのか」
    「他の人のドリー夢キラーになっていないか」
    授業が終わった後に考えてみました。
    しかし、考えても良く分かりませんでした。なので、私は現時点では誰のドリー夢メーカーなのかは分からないけれど、今からでも誰かのドリー夢メーカーになろうと行動をしたいです。腰塚さんの話を聞けて本当に良かったです。

    ぼくは、人権を聞いて2つ学びました(高知県 小学6年生)
     

    ぼくは、人権を聞いて2つ学びました。

    1つ目は、命の使い方
    それは、たとえ自分に何があろうと命を無駄にしてはいけないことです。
    命の使い方をまちがったことに使うのはいけないと思いました。

    2つ目は、自分を信じる事
    なぜかというと、弱った自分をそのままにしておくと、だれも信じなくなるからです。
    だれかが、自分に自信になることを与えてくれたら、それをずっともっておきたいと思いました。

    自分も、夢をあきらめずに頑張っていきたいと思いました。

    人間はたくさんの人に支えられて生きている(高知県 小学6年生)
     

    私が、腰塚さんの講演を聞いて感じたことは、人間はたくさんの人に支えられて生きているということです。
    1人の人間にも、家族や友達など、その人を大切に思ってくれている人がたくさんいるので、その人の命が傷つけられると、大切に思ってくれている人たちも悲しむので、自分を絶対に大事にしなくてはいけないということが分かりました。
    そして、自分を大切にしてくれている周りの人たちも、傷つけないようにすることも大切だと思います。

    5つのことを、忘れずに覚えておこうと思いました(高知県 小学6年生)
     

    私は、今日腰塚勇人さんの命の授業で、ドリー夢メーカーに助けられたということを聞いて、自分も友達や家族などたくさんの人のドリー夢メーカーになりたいと思いました。
    そして、腰塚さんがおっしゃっていた5つのことを、忘れずに覚えておこうと思いました。

    今回とても心に響きました(兵庫県 高校3年生)
     

    私は中学生のときにもこの「命の授業」を受けたことがあったので、だいたい話は分かるだろうと思っていました。
    でも、中学生のときに聞くのと、今聞くのでは感じ方が全然違っていて、今回とても心に響きました。
    この気持ちを大切にしてこれからも頑張りたいです。
    ありがとうございました。

講演関連情報
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP