受講者様の感想

    「命」について伝えていける(茨城県 教員)
     

    腰塚さんの本と出会い、道徳で紹介し、活用してきました。
    今回初めて直に話が聞けて、自信をもって「命」について伝えていけると思いました。
    巡り合いが今後また生徒に巡り合わせていけたらと思います。ありがとうございました。

    もっといい生き方を(広島県 高校2年生)
     

    私は死にたい!って思ったことが1回だけある。それも去年の8月で結構最近。ほんまに家族もだし友達も要らんって思った。みんなのことが信じれんくなった。でもそれはうちの思い込みで友達は私の事をめっちゃ心配してくれて電話くれたりLINEで長文送ってきたり泣けることを言ってくれた。なんでうちはこの人たちを信じられんかったんだろーって思った。やっぱ友達って生きてく中ですごい大切な存在って気づきました。その事を今回の講演会で思いだしました。腰塚さんは、私と全然重みがちがいました。せっかく夢を叶えたのにその夢を諦めないといけなくなるのはきつい。だけど腰塚さんの周りにはいい人が沢山いた。その人達のおかげでまた生徒たちのとこに戻れた。腰塚さんの努力はすごいと思った。周りの人達はみんないい人でそれは、腰塚さんがいいひとだったからだとおもう。私がもしなんかあった時助けてくれる人はいるのかなーってなりました。だからもっといい生き方をしないとなと思った。それと誰かのドリー夢メーカーになりたいです。アンビリバボーは泣きました。

    奇跡に感動した(徳島県 中学1年生)
     

    腰塚さんはどん底から這い上がってきて,講演を続けていて2000回をめざして頑張っているのですごいことだと思った。生徒たちのためにリハビリを続け,寝たきりか車イスと言われたのに歩けるようになったという奇跡に感動した。どん底からでも諦めないで頑張れる気持ちを学んだ。5つの誓いが一番心に残った。目・口・手足・耳・心をすべて良いことに使うということを学んだ。ドリー夢メーカーというのが大切だということ,ドリー夢キラーもいるということ,ぼくはドリー夢メーカーになれるようにしたい。自分がもし,どん底に落ちたならば,今日の腰塚さんの講演を思い出して頑張りたい。

    強いと思いました(広島県 高校2年生)
     

    とても感動的な話で貴重な講演会でした。
    患者さんの支えになった、リハビリの人、看護師、教員の方、などたくさんのドリー夢メーカがいたからこそ今があると言うのがとても、よくわかりました。ドリー夢メーカだけでなく、ドリー夢キラーもいると言われてましたが、それは自分の心の弱さなどから出来てしまうから、そんな時は周りに助けてと言えるようになれるようにしたいです。自分なら絶対こんな考え方出来ないけど、こんな考え方をして絶望的だった生活から車椅子なしで歩けるようになってほんとすごいことだし、根性とかメンタルとか強いと思いました。
    五体満足の自分は嫌なこととかあったらすぐネガティブになったりしてるけど、もっと前向きに生きていきたいと思いました。

    将来の夢に近づけるように(広島県 高校2年生)
     

    腰塚さんは以前にもテレビで見たことがあったのでこの講演会を実際に聞くことができてすごく嬉しかったです。映像は縮小されてたけど、本編の内容はすごく複雑な部分がたくさんある映像ばかりで改めてこれまで沢山の辛い思いをされていたんだなと本当に思いました。今でも腰塚さんは完全に治ってはいない状況で全国を駆け巡られて沢山の学校で命の授業をされていると知った時すごいと思いました。さらに、腰塚さんの喋るトーンがすごい自分の頭にささってきて印象に残っている言葉がたくさんありました。その中で自分が一番心に残っている言葉は一番強調されて言われていたドリー夢メーカーという言葉です。はじめ聞いた時はなんのことなんだろうと思っていたけれど、2時間くらいの腰塚さんの講演を聞いていると、その意味が徐々に理解することができました。ドリー夢メーカーというのは今の自分にすごく合っている言葉だなとすごく感じます。いま、自分が描いている人生像が人のために動ける人になりたいなので、まさにこれだと思いました。腰塚さんも言われていたように入院中に一緒に頑張ろうと言われてすごく嬉しかったと言われていたので、自分も他人のために一緒に頑張ろうって言えるようなドリー夢メーカーになりたいなとすごく思いました。最後にこの講演会は自分にとってすごくいいものになりました。腰塚さんの言葉を胸にラスト一年受験勉強がんばって少しでも将来の夢に近づけるように頑張ります。

    感謝の気持ちを持って(広島県 高校2年生)
     

    腰塚さんのVTRを見るのはこれで3回目だけど、いつ見ても感動します。ウルウルしてしまいました。不運な事故をきっかけに手足を動かすことが困難と言われていたのにも関わらず、腰塚さんの生徒の所へ戻るために一生懸命頑張る姿に心を打たれました。「誰かのために・何かをするために」という言葉が腰塚さんの手足を動かしたのではないかと思いました。人は諦めなければ予想外の事を起こせる、奇跡を起こせるんだと改めて感じさせられました。また、腰塚さんの諦めない心・誰に何を言われようが自分の信念を貫いた心が、手足を動かしたのかなと思いました。手を握ったりするのは遅いけど、手足が動かせただけでも十分すごいと思いました。最初、普通に歩いて出てきたので普通に見ればみんなと変わらないくらい、とても麻痺の後遺症が残っているようには見えませんでした。それくらい、努力してきたのだなというのが伝わってきました。
    最後の腰塚さんの、手・足・口・耳・目・心の使い方に納得しました。あの言葉はとても、その通りだと思いました。人間のパーツそれぞれには意味があるというのに気付かされました。普段、何気なく当たり前のように思って使っている体の部分はいざ動かなくなると、今まで自由に動かせれていたことに感謝できるというのを学びました。これからは、腰塚さんの名言を思い出しつつ、自由に体を動かせることに感謝の気持ちを持って生きていきたいです。

    人に優しい人でありたい(広島県 高校2年生)
     

    私は腰塚勇人さんのお話を聞いて命の大切さについて再確認することができました。普段命のことについて考えることはあまりありませんが、今回この講演を聞いて命や生きることについての考え方が少し変わったと私は思います。ドリー夢メーカーや5つの誓いの話はとても自分のためになりました。私も誰かのドリー夢メーカーになりたいと思いました。また、私の近くにも気づいていないだけで自分のドリー夢メーカーになっている人がいると思うので身近などんな人にも感謝をしたいと思いました。
    私はついネガティブなことを言ってしまうことが多くなんでも後ろ向きに考えてしまいます。だから5つの誓いを聞いてすぐにすべて実行できるわけではないけど一つずつ何か変えていけたらいいなと思いました。私も人を励ましたり、感謝の言葉を素直に言えたり、人のいいところを探せたり、ちゃんと最後までその人の話を聞いてあげられたり、人を助けたり、人の痛みがわかる人になりたいです。人に優しい人でありたいです。自分のことを大切にできる人になりたいと強く思いました。私ができることはたくさんあると思います。今日からでも自分が何が出来るか考えて、自分の命、そして人の命の喜ぶことは何か、自分がたくさんそういうことを積極的にできる人でありたいです。
    自分を大切にできる人でありたい、どんな状況でも生きようという意志を強く持った人になりたいです。
    腰塚さんの貴重な話を聞くことができて本当に良かったです。本当にありがとうございました。

    大きな影響のあるお話(茨城県 保護者)
     

    自分が子供たちのドリー夢メーカーになれていない、ドリー夢キラーになってしまっていたと思います。
    もっと自分を大切にしていいんだということ、理想を追いかけ過ぎずに自分が楽しい気持ちの良い生活をしていれば、周りによい影響が出てくるのではと気づきました。
    本当に素晴らしい講演をありがとうございました。
    今後の人生に大きな影響のあるお話でした。しっかり生きていきたいと思います。

    成功を喜ぶこと(愛知県 高校2年生)
     

    私はドリー夢キラーかもしれないと思いました。
    時に友達の成功や自分が負けるとくやしくて応援できない時があるからです。
    きっとくやしい気持ちも大切だけどそれ以上に友達を応援して成功を喜ぶことの方が自分にとっても良いことだと気づかされました。
    あと、自分で選んだ高校なのに、学校がつまらないと言うのをやめようと思います。
    自分の考え方や、自分が変わるのが一番だと思いました。

    心が動きました(茨城県 中学1年生)
     

    今日は私たちのために「命の授業」の講演をしていただきありがとうございます。
    私はこの講演を聞く前までは「人なんて信用できない」と思ってました。そんな私がこの講演を聞いて少し心が動きました。
    病気でもない健康な人がちょっとしたことで「死にたい」など簡単に言っているが今生きたいと思っていたも亡くなってしまう人もいる、と改めて思いました。

    5つの誓いが心に響きました(茨城県 中学1年生)
     

    5つの誓いが心に響きました。特に口と心を心掛けてこれから生活していきたいです。腰塚先生が言っていた「言葉は言刃」を聞き、ふだん使っている言葉を1つ1つ気を付けて話していきたいと思いました。
    あと、「ドリー夢メーカー」を探してその人達をとくに大事にして生活しようと思いました。
    腰塚先生の話を聞いて人の大切さ、言葉の重さに気づく事が出来ました。

    魔法の言葉だと思った(茨城県 中学1年生)
     

    私は今日この授業を受けて命の事、成長の事など色々な事を聞き学びました。その中で私が気にいった言葉は「ありがとう、だれもがいえるおまじない」です。理由は「ありがとう」は確かに皆が言えるしおまじないみたいな魔法の言葉だと思ってとても好きになりました。
    私はこれからドリー夢キラーじゃなくて、誰かのドリー夢メーカーになれるように努力していこうと思います。

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP