受講者様の感想

    口だけにならず(東京都 中学2年生)
     

    今回は私たちに命の授業をしていただきありがとうございました。

    私はこの授業を受けて、「自分だけじゃ生きられない」という事を一番学びました。誰かに助けられていることは自分でもわかっていたけど、あたり前のようになっていた部分があり、感謝が出来ていなかったと思い知らされました。だから私は日頃お世話になっている人に感謝を伝えていきたいと思います。

    そして私自身も言われる人になれるように頑張っていきたいです。

    口だけにならず毎日努力していきたいと思います。



    みんなを信じていたから(東京都 中学2年生)
     

    もし自分が腰塚先生みたいな状態になったら自分はきっとドリー夢キラーに負けてしまうと思う。でもそういう状態になったら助けてくれるドリー夢メーカーは本当に心強いし、腰塚先生も言われてたように「頑張って」ではなく「一緒に頑張ろう」「一緒に」という言葉はすごい頑張れるし、元気になると思う。

    きっと、先生はみんなを信じていたから学校おの先生や生徒さんも一緒に頑張ってくれていたんだと思う。

    自分も誰かを信じて、誰かに信じてもらえるドリーム夢メーカーになれるようになりたい。先生はドリー夢メーカーに助けられ、今はそのドリー夢メーカーになっている。本当にすごいし、感動しました。



    私が誰かのドリー夢メーカーになれるよう(東京都 中学2年生)
     

    「命の授業」ありがとうございました。今までも「命は大切」と思っていましたが、もっと大切になりさらに少し前向きになれた気がします。

    腰塚先生が見せてくださった”アンビリバボー”の番組を見て感動しました。私が事故にあったら笑顔でいることが出来ないと思います。

    私も先生の言っていた「ドリー夢メーカー」さんにたくさん会いたいですし、私が誰かのドリー夢メーカーになれるようにもなりたいです。逆に「ドリー夢キラー」にならないようにしたいです。

    腰塚先生、ありがとうございました。



    色々な事を学ぶことができました(東京都 中学2年生)
     

    私は命の授業を受けて友達や家族周りの人の存在が大切なことがわかりました。私達の周りにはドリー夢メーカーとドリー夢キラーがいることを知れました。最近はネットでドリー夢キラーをよく見かけます。

    自分も知らない内に人を傷つけてるかもしれないのでネットを使う時はよく考えて気を付けようと思います。今回来てくださったおかげで色々な事を学ぶことができました。ありがとうございました。



    気付かせてくれました(東京都 中学2年生)
     

    私は腰塚さんの「命の授業」を受けて自分は誰かのドリー夢メーカーになれているかをよく考えました。そして自分にとってのドリー夢メーカーはどこにいるのかどんな時に力になれるのかを考えました。

    私にとってのドリー夢メーカーは嫌いなはずの親でした。どんな時も勇気づけてくれて、時にはきびしくそして励ましてくれました。

    そんな事に腰塚さんは気付かせてくれました。

    私の親をこれからは大切にしていきたいと思います。



    この紙が全部埋まるほど感動した(東京都 中学3年生)
     

    すごく心に来ました。自分は小学生のときいじめで「死にたい」と2~3回ぐらい思ったことがあったので境遇は違うけど「死にたい」って思ったことは同じなので感動しました。

    ドリー夢メーカーとドリー夢キラーについては自分の周りにいるかと言われたら正直分からんです。ドリー夢キラーは自分だと思います。

    よくニュースでいじめで死んだ学生のを見るけどそういう人も自分の中のドリー夢キラーが強すぎるあまりそこまでの選択を強いられていると思うと自分も一歩手前まで行ったから自分の中にあるドリー夢キラーを少なくする(できればなくす)ことができなければ自分も死んでたかもしれないと思うと、今思えばあの時の自分はこわかったです。

    ドリー夢メーカーとドリー夢キラーは自分の中で長所と短所だと勝手ながら思っていて自分の悪い所はばんばん出てくるので自分の中にあるドリー夢キラーの話でこんなに長く書けています。

    ドリー夢メーカーについては書けなかったけどこの紙が全部埋まるほど感動したという事です。いい話を聴かせてもらったと思いました。



    たくさんの人を救いたい(東京都 中学2年生)
     

    私が命の授業を受けて感じたことは、絶対に命を大切にすることと、自分の命も大切にするけど相手の命も大切にすることです。

    人は手足でも、言葉でも相手をころせると聞いて、口はしゃべるためにあるけど人を傷つけるためにあるんじゃないと分かりました。

    腰塚先生の話を受けて、簡単に死にたいと思ってはいけないと思いました。

    それは病気や大きなケガで治そうと頑張っている人が日本や世界にはたくさん。だからすぐに命を捨てるようなことはしない。

    命の授業を受けて、腰塚先生の話はすごい感動しました。

    私もドリー夢メーカーになってたくさんの人を救いたいなと思いました。

    ありがとうございました。



    私も実践しようと思いました(東京都 中学2年生)
     

    今回、腰塚先生のお話を聞き、とても感銘をうけました。特に”5つの誓い”を私も実践しようと思いました。

    私も中学校に入って前までとは違う人間・環境に出会いましたが。色々な種類のドリー夢メーカー、ドリー夢キラーを見ました。

    ドリー夢キラーを見ると、こうなってはいけないと切に感じました。私も誰かのドリー夢メーカーになれるよう、頑張ります。



    考えるチャンスをいただきました(東京都 中学3年生)
     

    私は受験が近づくにつれて、それに向けた勉強をし、やはり急に始めたことなので上手くいかないし、ビックリするほど大変でなにもできない自分がとてもうざかったです。

    やらなきゃいけない結果をださなければならない自分が1番分かっているからこそ悔しかった。どんどん気分が下がったり何もしたくない、こんな時間ばかりでした。

    この命の授業を受けることができて腰塚先生とは少しちがうかもしれませんがとても心にささりもう1度考えるチャンスをいただきました。とても助かりました。

    どうしようどうしようって思い詰めていたことも少し楽になった気がします。本当にありがとうございました。感謝しています。



    強く生きていこう(東京都 中学3年生)
     

    私が「命の授業」を受けて感じたことは、自分の中にも自分の夢を否定するものがいるということにびっくりしました。

    腰塚先生は「夢は生きる力、夢があるから強くなれる」とおっしゃっていて、生きる力になっている、強くなれている夢を自分自身で壊してしまうこともあるんだなと思いました。

    腰塚先生は1度は「死」さえ考えるほど、つらくて苦しかったけど、「担任として復帰したい」という夢やたくさんの「ドリー夢メーカー」がいたからつらいリハビリもたえてこれたとおっしゃっていました。

    だから私ももし腰塚先生のような時が来たり、自分の中のドリー夢キラーに負けそうになったら一人でかかえこまず、周りにいるドリー夢メーカーに相談して強く生きていこう、誰かのために生きようと心から思いました。



    困難を乗り越えたいです(東京都 中学3年生)
     

    絶望してもあきらめずに誰かのために頑張る姿がかっこよくて感動しました。僕にとってのドリー夢メーカーは兄です。小さい頃から一緒に遊んでくれて、勉強などで困ったときには助けてくれました。

    最近はゲームの話をしています。これから高校・大学と行ったとき、友達のドリー夢メーカーと出会いたいと思います。

    言葉の使い方を考え「私」というドリー夢キラーに負けず受験など様々な困難を乗り越えたいです。

    この度は大切な「命の授業」をしてくださり、本当にありがとうございました。僕も何事も継続して力をつけたいと思います。



    その言葉で傷ついたことがあります(東京都 中学3年生)
     

    この度は中学校におこしくださってありがとうございます。

    腰塚先生は10年間「命の授業」をし続けていると聞いて、素晴らしいと思いました。何かをずっと続ける力は強い力だと思います。

    腰塚先生はあともう少しで2000回に到達できますね。私はずっと応援してます。

    先生が言っていた「頑張れ」という言葉はもしかしたら人を傷つけているかもしれない。私もその言葉で傷ついたことがあります。だから人が辛そうに大変そうにしている時は「一緒に頑張ろう」という声をかけてあげたいと思いました。

    私も何かに一生懸命になりたいです。



講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP