受講者様の感想

    今生きている日々を大切にしよう(愛知県 中学1年生)
     
    僕は死にたいって思ったことが沢山ありました。僕が死んだら周りの人はどうなるのかなぁと思ったこともありました。
    でも腰塚さんの言ってくれた一言でぼくも今生きている日々を大切にしようと思いました。
    あきらめるのは簡単、努力するのは難しい。ぼくもこれからは人に優しくできるようになりたいです。
    講演、ありがとうございました。
    どんなことがあっても死なない(愛知県 中学1年生)
     
    腰塚さんの「命の授業」はとても分かりやすかったです。
    私は時々死にたいと思うときがありますが、今日、腰塚さんの話を聞いてどんなことがあっても死なないと決めました。
    お話、ありがとうございました。
    これからは人を楽しませる人になります(愛知県 中学1年生)
     
    僕は簡単に「うざい」とか「死ね」とかを言っていました。でも腰塚さんの話を聞いてドリー夢キラーはいなくていい、口はそんなことに使うためにあるわけじゃないということを改めて感じました。
    これからは人を楽しませる人になります。お話をして下さって、ありがとうございました。
    「ありがとう」という言葉を(愛知県 中学1年生)
     
    腰塚さんは入場する時に僕に握手をしながら「ありがとう」と言ってくれましたね。そこから、「ありがとう」という言葉を本当に大切にしていると分かりました。
    僕も腰塚さんのように誰にでも「ありがとう」と言えるように何事にも敬意を忘れずに生きようと思いました。
    とても大切なことを教えてもらいました。本当にありがとうございました。
    死にたいと思うことが今まで何回もあった(愛知県 中学1年生)
     
    今回初めて腰塚さんのお話を聞きました。
    私はたまに死にたいと思うことが今まで何回もあったし、これからも何回もあると思います。
    なので、そんな時は腰塚さんのお話を思い出して、それを励みに頑張りたいです。
    自分のドリー夢メーカーは沢山いるので、自分も誰かのドリー夢メーカーになりたいです。
    おだやかな湖を目指します(愛知県 中学1年生)
     
    腰塚先生の講演を受け、改めて命の大切さなどを知ることができました。
    また私は誰かのドリー夢メーカーになれているか、キラーになっていないかも考えることができました。
    私は命を喜ばすために、自分の心の湖も周りの人の心の湖もおだやかな湖になるような行動をします。
    第4回 共志道inあいち 
     
    第4回 共志道 inあいち
    全国から沢山の先生方にご参加いただき、学び多く楽しい時間となりました。アンケートの一部をご紹介いたします。

    *全国の先生方、指導者が本気で子どもたちの将来を考え、集い、語り合い、心を繋げたこと、この場にいられて幸せです。
    *9月からまた頑張るエネルギーがわきました。 *(腰塚)先生とのご縁で多くの先生方と知り合うことができました。
    *毎回この会が進化していることに感謝しています。来年も参加します。
    *(腰塚)先生との出会いがなければ私はこの場所にはいません。出会いは財産です。
    ありがとうございました。

    職員研修用での感想をいただきました
     
    腰塚の「命の授業」の講演内容は、基本的なキーワードはほぼ変わりはありませんが、対象者の皆さんによって、多くのバリエーションがございます。 6月、7月は安全大会、夏休み期間は、先生方の研修で「命の授業」や「気持ちの授業」をさせていただく事が多くなりました。

    先日の職員研修用では、参加した先生にどうでしたかと?と聞くと
    ★二学期から頑張るパワーをもらった。
    ★クラスの子供たちの顔を思い浮かべながら2学期になったら話してあげたい言葉や内容がいっぱいでした!!
    ★やっぱり学校の子どもたちに聞かせてあげたい。
    などの感想をいただきました。

    これからも子どもたちの笑顔のために先生方を応援させていただきます。
    いつもありがとうございます。

    命の授業事務局より
    私自身に喜びが起こってくると感じました(東京都 会社員)
     
    口、目、耳、手足、心の5つの誓いを意識して、毎日を生きたら、私自身に喜びが起こってくると感じました。
    腰塚先生のお話で、今日からの私の生き方、人生が一変するのではと楽しくなりました。
    これからは、5つの誓いを常に意識し、自分と向き合い、出会う方々に感謝し、お蔭様、お互い様の二つの神様と一緒に命の使い方を大切にしていきます。
    人生そのものが「命の授業」だと思います(奈良県 中学1年生)
     
    「ドリー夢メーカー・ドリー夢キラー」が自分の中にいるなんて考えた事もなかったです。当たり前のことが大切だということは、いつも家族に言われていました。その同じことを腰塚さんがおっしゃったのでびっくりしました。今日のこの時間だけが命の授業ではなく、人生そのものが「命の授業」だと思います。人は嫌なこと、うれしいこと、いろいろあります。その時は、あの人が「ドリー夢メーカー」この時はこの人が「ドリー夢メーカー」と、コロコロ変えてはいけないと思います。僕は、この人は信じられると思った人と、ずっとずっと「ドリー夢メーカー」として、僕の近くにいて欲しいと思います。
    ドリー夢メーカーになることをめざしたい(大阪府 小学校校長)
     
    腰塚先生のご講演を聞かせていただくのは今回で3回目ですが、何度聞かせていただいても、毎回、胸が熱くなり、涙してしまいます。同時に「今を生きる」ことへの感謝と活力を頂くことができます。

    私自身も「5つの誓い」を胸にドリー夢メーカーになることをめざしたいと思います。本日は本当にありがとうございました。

     
    人の痛みを分かるために心を使おうと思った(奈良県 中学1年生)
     
    自分の事を大切に、自分の命を大切にしないといけないと思った。 「5つの誓い」の中で一番心に残った言葉は「心は人の痛みがわかるために使う」です。心で人の痛みがわかったら、その人が何を思っているのかが少しでも分かると思った。だから、人の痛みを分かるために心を使おうと思った。
講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP