ブログ

安達さん結婚式で お話しさせていただいたこと

安達さん結婚式で お話しさせていただいたこと



「命の授業」の腰塚勇人です

先日のソングレターアーティストの
安達充、優子さんの結婚式でお祝いのスピーチをさせて頂きました

教師をしていたので何度となく教え子の結婚式で
祝辞を言う機会がありました

充さんと優子さんとはそれなりに長い付き合いで
二人のことはよく知っていました


「どんな話をしようかな・・・」

そんなことを考え始めていたら
私にとって大切な心友から偶然にもこんな質問を受けました


「腰塚さんとって麻里さん(奥さん)は・・・」


この質問に答えた私に、心友はあることを伝えてくれました
その言葉にハッとしました


心友が私にした質問です

「今からする質問で一番ピンと来るものを教えてね」

「腰塚さんにとって麻里さんは、
  一人の人間ですか? 女性ですか? 奥さんですか? ママですか?」


その時、一番ピン!ときたのは「奥さんでした」

「2番目は?」「ママかな~」


その方はこう言い付け足しました

「今はそのことにおそらくお互いに
  一生懸命になっている意識を強く感じ生活しているんだね」

「そういう時期なんだと思うし、それで良いとも思うよ」


「でも一つだけ、良いとか悪いではなく・・・」

「奥さんとか、ママはある意味、役割・立場であることを忘れないで・・・」



この言葉を聞いた瞬間、個人的に考えるものがありました

恋愛から結婚して、子どもができてその時々で役割は増え、その責任も
楽しく思いながらも重くなりました

そして時期によって優先順位も変わる気もします

でも忘れはいけないことに彼女に妻やママである前に
一人の人間として、女性として出会っているということ

ある意味それは息子にも言えることかも知れません


立場や役割という無意識の中にある意識が強いとどこかで
お互いの立場でものを言う事が多くなったり、強制しようとしたり、
上下関係をつけたくなったり、自分を正当化して歩み寄ろうとしなくなったり・・・


「お二人は大丈夫だと思います」と最初に伝えた上で
生意気ながら、安達ご夫妻にこの話をさせて頂きました


以下は安達さんから頂いたお礼のメッセージの一部です

「命が喜ぶ生き方」「ドリームメーカー」「5つの誓い」など、
腰塚さんは講演の中で 共通言語、キーワードが残るように
心がけてらっしゃると以前お聞きしましたが、

私達夫婦には、「人として好きになったことが、始まり」
というのがキーワードになった気がします


充さん、優子さん本当に出会ってくれてありがとう
これからも一緒に人生成長し楽しみましょうね

そしてこの質問をくれた心友に心から感謝をすると共に
その心友を心から尊敬する自分がいます

感謝を込めて


ペタしてね


関連記事

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP