ブログ

レイの命日

レイの命日


ケガをしたとき私と妻を励まし癒してくれ
それから生まれた息子のお姉ちゃんになって面倒も見てくれ
13年間、一緒に暮らしたアメショウのレイが
亡くなって今日で1年です

ペットではなく家族の一員でした
家族の腕の中で息を引き取り
二度と目を開くことも、鳴くこともなくなりながらも
温もりのあった身体も時間と共に
死後硬直がはじまり冷たくなりました
そしてペット専用の火葬場でお別れをする際の係の人から
「良い顔して眠っていますね、猫ちゃん幸せでしたね」
の言葉に救われましたし、レイに感謝の気持ちでいっぱいでした

残ったお骨は本当に小さかったですし
「本当に死んじゃったんだね」の息子の言葉
「命、大事にして、毎日を大切に楽しく過ごさないとな」と
家族みんなで確認しました

そして、当分ペットはいいかな・・・と思っていたら
1ヶ月もしないうちに庭のウッドデッキの下から「ニャーニヤー」
そのうち庭で手のひらサイズの子猫が3匹遊び始めました

息子と奥さん、私に聞こえるように「あの女の子可愛いね」
私は聞いてないふり
でも思いは伝わってしまうのかその子猫だけ
家に入ってこようとするんです
そしてついに息子から「パパ~飼ってイイ」

お母さんから離すことへの責任ある行動を確認させ
やっぱり飼うことに・・・
名前は青森の友人が送ってくれたホタテの入れものが
最初寝床だったんで「ほたてちゃん」

レイも猫のくせしてとっても人間好きでした
ほたても人が好きでお客さんが来ると必ず顔を見せます
そのホタテも我が家に来てもうすぐ1年
レイとの生活を思い出しながら毎日楽しくやっています
また、野良ちゃんの野性味はこれがやっぱり猫だよね~と
驚くこといっぱいで、生きる力がレイとは全く違い
これがまた面白いんです
そして1年でここまで大きくなるか・・・
ってくらい成長しました

レイがほたてと会わせてくれました
またほたてから教えてもらうことは
余計な言葉はいいなさんニャンな、黙っていることも大切ニャン
そして自分のペース、リズムも大切ニャンって
大切な家族の一員です
レイ、ありがとう

今日は息子にせがまれ、家を6時に出て
「また」ネコ科の動物に会いに来ています
同じこと考えている人はやはりいっぱいいて
開門のゲートの私たちの前にすでに30台ほど車が・・・
さあ、ネコ科の動物に会えるのか・・・
そのことはまた明日

どっちにしてもせっかくの時間
命を喜ばせ楽しむだけです
感謝をこめて





ペタしてね



関連記事

アーカイブ

カテゴリー

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP