ブログ

切迫流産

切迫流産


「命の授業」の腰塚勇人です

私のムービーをご覧くださり
またブログやお友達に紹介をしてくださった方々には心から感謝しています

実はあのムービーに出てくる息子
7月で5歳になりました
健康児・野性児で親としては嬉しいやら、疲れ果てるやら・・・

でもそんな息子は妻のお腹に宿って3ヶ月目のこと
切迫流産になりました
あの時の衝撃は息子がお腹に宿った時の喜びをたやすくぶち壊し
生まれてくる新たな命を改めて考えさせるものでした

それから3カ月間、妻は絶対安静

妻と確認をしたこと
それは私たち夫婦がお互いを大切にしあう中に
息子が生まれてくる意味があるということ
それがお腹の息子からのメッセージであると受け取りました
(流産をされた方々がけっして仲が悪いと言っているわけではありません)

あとは息子に選択させました
君のパパとママになりたいけど
生まれて来ても、今回は縁がなくても君に任せるよって

幸いに息子は無事うまれて来てくれました
その彼がもう5歳です

友人に多胡さんという方がいます
彼のご夫妻はとても仲がよく、いつも気持ちを和ませてくれます
しかし、そのご夫妻も流産という辛い経験をお持ちで
人の命の大切さを自分たちの経験から世の中に伝えたいと
「命を抱くプロジェクト」を立ち上げ活動をされています

10月29日(木)めぐろパーシモンホールにて
『ママのおなかをえらんできたよ』などの胎内記憶の著書で有名な
産婦人科の池川明先生と
ご友人の小島七海さんの『子宮から地球へ』出版記念
トークライブ&講演会を行います

多胡さんの奥様が二年前に初めての妊娠で流産をし、
その事実を受け入れられなかった時・・・

池川先生が
「流産もね、赤ちゃんがそれを、選択しているんですよ。意味があるんですよ。」
「流産を選択する赤ちゃんはね、とっても強い魂なんですよ。」と言って、
奥様と多胡さんの心を救ってくださったそうです

その時の様子は多胡さんの奥様がブログで語られています
「空に帰った天使」http://ameblo.jp/kokotan-mama/page-2.html#main
ご興味のある方や同じ体験をお持ちのかたは参加してみてはいかがでしょうか

10/29小島七海『子宮から地球へ』出版記念トークライブご案内
http://www.earth-create.com/1029.html
私も29日は参加します

最後に多胡さん自身が「命を抱くプロジェクトムービー」を作成しています
ご覧いただけたら嬉しいです

  ↓  ↓  ↓

ペタしてね


関連記事

アーカイブ

カテゴリー

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP