ブログ

夢が語れる

夢が語れる


「命の授業」の腰塚勇人です

昨日は東京青山にあるNHKカルチャーセンターで

「夢を叶える宝地図」の実践活用編の講師として
お話をさせていただきました

実は、こう見えても私
夢を叶える宝地図を学校や一般の方にセミナーが開ける
宝地図ナビゲーターなんです


宝地図の効果的作り方はもちろんなのですが
宝地図に掲げた夢が本当に叶うかどうか・・・

全てを叶えられないとしても
夢、実現の確率をどれだけあげることができるか

すなわちいかにその夢に対し、ワクワクしながら行動できるか
そして、実現するまで行動を続けられるか・・・


5つのポイントを説明する中で

夢が実現しない理由も説明しました
その最初にあげたものはなんだと思いますか?


夢が実現しない理由、それは

「夢を忘れている」です


ブログを読んでくださっている方の中には
もっとその前があるんじゃない?って思う人もいたりして

それは「夢がない人・・・」「夢が分からない人・・・」

確かにそうなのですが、
今は夢があるのに叶わないという人に焦点を当てて
話をすすめさせて下さいね

「夢を忘れてる」に話を戻します

夢を実現している人は当たり前のように
夢の実現のために何かしらの取り組みをしている人

「夢を意識し続けられているんです」

常に意識するために宝地図は効果的です
なぜなら言葉だけでなく、夢の達成を画像として自分の脳に
イメージとして植え付けられるからです
(当然、毎日見ることでそのイメージは強力なものになります)

そして、その次が大切

それは、自分の持っている夢を語ること
逆言い方をすると、自分の夢を聞いてくれる人がいること

昨日のセミナーに参加された方も
ご自分の夢を語っているときは本当に楽しそうでした

それは当たり前といえば当たり前
その夢を聞いてくれる方の存在があったからこそ起きている光景でした


「どうですか、ご自分の夢を聞いてくれる人るいますか?」の質問に
うなずく人もいれば、そうでない人も

「ご家族の方はどうですか?」の質問には
・・・状態でした


夢実現の方法たくさんありますが、その原点には
「夢が語れること」「夢をきいてくれる人の存在」

当たり前のようで当たり前でないことに改めて気が付きました


人の夢を応援したい
それはその方を夢を聞いてあげることからなんですね


私もケガからの復活の鍵は
私の現場復帰夢を語れたリハビリの先生の存在からでした


夢を意識し続けられ
ワクワクした状態で毎日リハビリができていたことを思い出します

ペタしてね


関連記事

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP