ブログ

2012年 一番の功労者

2012年 一番の功労者


今年も今日が最後
2012年、年明けは
除夜の鐘を聞き妻と年明けの挨拶をした後
静岡伊東の向かい車の中で仮眠をとり
朝の5時から元旦トイレ清掃から始まりました
終了後、初日の出を見ながら「今年も良い年にします」と
今年も同じパターンになります


2012年、本当に素敵な一年でした
沢山の本気の大人に出会い
沢山のダイヤモンドの原石である子どもたちに出会い
沢山の知恵を持ったお年寄りに出会い

子どもたちや息子を見るたびに
自分が来た道を思い出し
この子たちに残してあげたい良き日本を考え
今自分にできることを考えました

私より先輩方を見るたびに
自分がこれから行く道と素直に耳を傾け
その中でお手本にしたい人を探し少しでも近づけるよう
生き方をマネしました

今を本気で生きている大人に出会うたびに
刺激を受け大人として、親として、一人の社会人として
「今」自分が何を大切にし、生きているのか、生きていきたいのか
誰のなんのために また、その到着点は・・・と

足下を見つめ、夢を確認させてもらえることが多くありました
そしてそういう方といると心から楽しめるんです
皆さん楽しく生きることに真剣だから
=楽しく生きるための工夫と努力に真剣だから

その中で今年の一番の功労者は?と訊かれたら
「妻」と答えたいところですが
(そうも思っていますが、あえてというなら)

私の場合はやっぱり「自分の身体」です
全ては気持ちからと思いつつも
この一年間、良く動いてくれました
というより良くもってくれましたという気持ちでいっぱいです

志事が辛かったわけでも苦しかったわけでもありません
本当に充実していました
まだまだやりたり気持ちでいっぱいです
その中でいつも思っていたことが

この手足が動いてくれているから
健康でいられるからと
身体が資本の仕事であること痛感しています

私にとって唯一無二の大切な身体、大切な健康

命の授業、心からこの志事が大好きです
だからこそ健康第一

この3年間、一生懸命に突っ走ってきました
来年も同じ生き方になると思います・・・というか
それしかできません

ただ来年からは休めるときに、休む時間を作って
一生懸命に身体のメンテナンスをします
この志事長く続けたいから、大好きだから


感謝状  身体さん

2012年、私をどんな時も支えてくれてありがとう
命の喜ぶ生き方をさせてくれてありがとう
あなたのおかげで幸せな1年を過ごすことができました
感謝の気持ちでいっぱいです
たまにくれるあなたからのストライキ的なメッセージ
ごまかさず、流さず真摯に受け止め改善を図ります
まずはお腹の脂肪からですね・・・
2013年もよろしくおねがします
感謝をこめて

皆さんのおかげで2012年
最幸な1年でした
2013年もよろしくお願いします

感謝をこめて


ペタしてね



関連記事

アーカイブ

カテゴリー

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP