ブログ

羊を送ったら

羊を送ったら


昨日、私が尊敬する鹿児島の大先輩から
あるモノが届きました
手紙には羊にの切り絵のお礼にと書かれていました

年始に縁起の良いとされる干支の切り絵を
ここ数年、送らせていただいています
そのお礼とは?!

羊の切り絵でした
それも二匹
羊を送ったら二匹の羊が返ってきました
その先輩のところに同じように毎年干支の切り絵を
送ってくださる方がいるようで
「あなたにも渡す喜びと一緒にもらう喜びを」
こうも書かれていました

先日は同じように昨年、今年と切り絵を送った沖縄の高校の先生が
手作りの午の本立てを送ってくださいました
なぜ今年に午?!
と思いつつありがたく使わせていただいています

兵庫の高校の校長先生からの手紙には
「羊は群れは好みますが争いは絶対にせず
 仲間を大切にすると聞いています
 我々人間も学ばなければならないと思っています」と書かれていました
本当にその通りだ・・・とも思いながら

知らないこと、感じられなかったこと
知り、感じる喜び
そこにはそれを伝え、教え、与えてくださった方の存在があるんです

そして皆さんのからのメッセージは
与えたから、与えられる
動いたから、動いていくれる
「先に自分が」
改めて大切なことだと気づくことができました

わが家の羊と先輩からもらった羊、並べて飾ります
これで今年の運気も倍増だ~!!
そんなことを思っていたら

書斎に飾ってある言葉が目が入りました
「風は自ら起こす
 運は人が運ぶ」

大阪で松下幸之助さんと一緒に
お仕事をされた方からいただいた書です

風は自ら起こす
今年もできる限り、心地の良い、爽やかな、それでいて心に残る
そんな風を起こせたらと思っています

たくさんの方々に支えられ、学びを受け、生かされています
私のできることで今を生きます
感謝をこめて




ペタしてね



関連記事

アーカイブ

カテゴリー

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP