ブログ

母への思い  ~赤いチャイナドレス~

母への思い  ~赤いチャイナドレス~


学生時代の私は横浜駅や関内駅のホームの売店で
シウマイを売る、赤いチャイナドレスの母の姿が
好きではなかったです

心のどこかで「はずかしい 俺はこのような仕事には・・・」って
でも私たち兄弟の学費のためでしたので
感謝の気持ちもありましたが
なかなか口に出しては言えませんでした

ある時からそんな母への見方が変わりはじめました
それは母が夕食の時に
「今日も忙しかった~シウマイ面白いように売れてね」
「お母さんに会いに来てくれる人もいるのよ!」
「お母さん、この仕事大好きなの」
と話しをしてくれるようになったんです

仕事が好き・仕事が楽しい
私が持っていた仕事観を覆してくれた新鮮な言葉でしたし
母の顔が輝いていたんです
母は自分の仕事をやりがいから生きがいに変えていたんです

今思えば母は人が大好きで接客業がうってつけ
いつからかそんな生き生きとした赤いチャイナドレスの母を
誇りに思うようになっていました

仕事は自分から好きになり、楽しさを見つけ
その時の出会いを大切にし、与えられた場所で咲きない
これが母の働く姿からの教えでした

その後、私も恩師と呼べる人との出会いから
念願の体育の教師になることができました
子どもたちと一緒にいられる喜びを感じながらも
「好き」という「本気」と「成長」を試される日々でしたが
辛い、やめたいと思ったことは一度もありません
これも母のおかげです

しかし、スキー事故で障害のある身体で社会復帰となり
今は体育教師を退きその経験を「命の授業」という講演で
全国を回らせて頂く中、その手みやげは必ずシウマイです

母の子どもたちへの思いと仕事への思いを忘れないためです
まだまだ母の域には達しませんが
赤いチャイナドレスの母の姿は今でも目に焼き付いています
両親からもらった命、自分らしく輝かせます

仕事に出るときは「気をつけてね」と
必ず声をかけ見送ってくれる母
少しでも今度は私が守ってあげることができたら・・・
と思っています

そして息子に
「仕事はいくらだって自ら楽しくできるんだよ」って
生き様で伝えられる父親でありたいとも思っています

お袋、いつもありがとう
あなたの子どもとして今、生きられることが本当に幸せです
元気でいてくださいね
感謝をこめて




ペタしてね



関連記事

アーカイブ

カテゴリー

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP