ブログ

11歳、おめでとう ~今を一生懸命に~

11歳、おめでとう ~今を一生懸命に~


昨日は息子の誕生日でした
もう11歳か~
早いなぁ~

もうすぐ妻の身長に追いつく息子
目標は183cmの私を追い越すそうだそです

元気でいてくれる
ただただそれだけで嬉しいです
そして10歳の誕生日から1年
毎日を一生懸命に生きてくれている彼の姿に
おそらく自分が小学校5年生の時より
息子の方が色々な部分で成長している気がします

私が親として彼に伝えたいことの一つ
それは一生懸命は辛いのではなく
一生懸命は楽しいということです

それは私が部活の顧問の先生から教わったことです
苦しい、辛いことを乗り越えるから強くなるわけではない
それをしたからって強くなる保証などない
「強くなるための練習」をした選手とチームが
強くなっただけだと
そのための一つの条件がイヤイヤやらされているものではなく
自ら取り組めるかどうかだと

そして自ら取り組むための鍵を握るのが
「楽しい」と感じかどうかだと
楽しい、面白いと感じる選手はやらされている練習はしない

そして顧問の先生が常に言われていた言葉が
「一生懸命は辛い、苦しいものではなく楽しい、面白い」
この事に早く気づきなさいと

この言葉を聞いたとき、自分の小さいころ
父と母からも同じ事を言われていましたし
それを生き様で見せてくれていました

わたし自身も頑張っても上手くいかない
結果が出ないときだってあります
でも一日にが終わるとき
今日も楽しかった~良く頑張った~って思える私がいます
それは、今を、一日を一生懸命には生きた私がいて
一生懸命=楽しい、気持ちイイと自然に思えていますし
それ自体が自分の成長に意味と価値をもたらしてくれていると
実感しています

一生懸命が楽しいと思えて、そこに意味と価値を感じる人は
やらされている、イヤイヤな生き方はしない
顧問の先生の言葉を今でも大切にしています

もともと、子どもたちはみんな持っている力なんですよね
楽しく、気持ちよく生きた方が、目の前のことに取り組んだ方が
幸せにも、自ずと結果にもつながります

それは、今日の女子ワールドカップ決勝
苦しさ、辛さ、悲壮感より楽しさ、リラックスさを感じる
なでしこJAPANの選手からも同じ事を感じています

親子3世代で食事をしながら
父と母に言われたこと、教えられたことを
自分も息子に伝えている・・・

親ってありがたいですし
良くも悪くも本当に子供にとっては一番のお手本になっているんですね

一生懸命は楽しい、面白い
これからも息子に伝え続けられたと思いますし
彼に成長を期待するからこそ
私の成長も必須です

今日も命、喜ばせ楽しい一日にします
感謝をこめて




ペタしてね



関連記事

アーカイブ

カテゴリー

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP