ブログ

祝3周年 ~笑いあえる幸せ~

祝3周年 ~笑いあえる幸せ~


クリスマスイブを家族でしていると母から
「あんたのところにお父さんとお世話になって今日で丸3年よ」って
そうか、もう3年か・・・

3年前の5月に76歳で脳梗塞で倒れた父
まさかこんな日が・・・なぜ今、この歳になって・・・
父の重病の状態に回復の期待は薄く
家族みんなでもう家には戻れないかも・・・
そして家族の介護生活初心者、不安でいっぱいでした
でも、一番苦しかく悔しかったのは父だったんです
「俺は施設はヤダ、家に帰りたい」と何度も言っていました

脳梗塞は法的入院期間が6ヶ月と決められていて
リハビリが進む中、主治医、リハビリ、ケースワーカーの方との
話し合いも回復に向けてのことより
退院後のことをどうするか・・・に時間を費やしました

介護と福祉の勉強をいっぱいすることになり
父のこと、母のこと、そして私たち家族のこと
介護は多くの人の人生の環境を変えることを実感したときでした

選択肢は施設に入所か同居の二つ
実家をリホームしても父母二人での生活は
母の負担を考えると厳しいものでした

同居を決意
退院に合わせ家の敷地内に父用の平屋を建てることに
私の仕事のピークは9~12月
今、思いだしても良く引っ越しまでたどり着けたと思います
でもそこからがみんなにとって喜びより不安で手探り状態の
新生活のはじまりでしたし父のリハビリ、デイサービスなど
受け入れ施設相談を担当のケアマネージャーさんと
何度も話し合ったことを覚えています

あれから3年です・・・私の仕事も一段落つき
久しぶりに父母とゆっくり話しもできました
父の顔色も良く、一本杖での父の歩きもしっかりしてきました
自分たちのペースもつかみ、ケンカしながらも
笑顔を見せ寄り添い支い合いながらながら生活をしている
父と母の姿にはありがとうしかありませんでした

あっという間の3年間、父母も家族も
それなりに気を遣いながら、思いやりながら生活ができました
私は家にいなかったことが多いですが・・・

元の生活に戻ることはできなくても
お互いが今に幸せを感じ生きていくことはできます
父母が元気でいてくれること何よりの喜びです
これからもお互い様を大切にして、みんなで楽しい時間を過ごしましょう

と言いつつこれから、2泊3日で高校の先輩たちと家族で
北海道トマムに初スキーに向かう飛行機の中です
ケガをしないよう注意して楽しんできます
新千歳空港に着きました

感謝をこめて




ペタしてね



関連記事

アーカイブ

カテゴリー

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP