ブログ

やればできた ~リフティング100回~

やればできた ~リフティング100回~


好きだからといいながら楽しければと
お遊び状態だったサッカーから
上手くなって試合に出たい勝ちたいと
チームを代わり本腰を入れ取り組みはじめたのはこの1年
そのスイッチが早く入っている子との差は歴然
一番の差はボールの扱いなどファンダメンタル(基礎基本)

試合にもそこそこ出れるようになりました
でも、チームのルールの一つが
リフティングが100回できなければスパイクは履けない
実はチームでスパイクを履いていないのは彼だけでした

そのことに一番負い目と悔しさを感じていたのは彼自身
親が何も言わずとも
毎朝6:15から7:00まで
休みの日も時間があれば自主練習をやっていた彼
それだけでも偉いなぁ~

2週間前、出張先の私の携帯に
「パパ~リフティング100回できたよ!!」の息子の報告
さああとはコーチの前で・・・そして夢のスパイク
ちょうど私が出張から帰った日が夢が叶う日だったのですが
なかなか帰ってこない・・・

83回でダメだった・・・と
私の顔を見たとたん泣き出した彼

「その涙は何?」
「悔しい・・・」
「だったら次はうれし涙に変えられるよう
 練習するしかないだろ」

実は来月、県大会があり
芝のグランドでトレーニングシューズでは
滑ってまったくプレーができなく
コーチも息子を試合に出したいと思ってくれているものの
スパイクでないと・・・

私は良い経験だなぁ~とどこか高見の見物
あの時の涙と悔しさが本物かどうか
試されているのは彼だから

大会までのチャンスはあと3回でした
息子と奥さんは胃が痛む毎日だったようです

先日の富山の仕事からの帰り空港で
息子から電話がありました
「パパ~リフティング100回合格したよ
 今からスパイク買ってもらって良いですか?」って

家に着くと嬉しそうにスパイクを見せる息子
「悔し涙を喜びに変えられたね
 お前はやればできるぞ、試合頑張れよ」
「努力は人を裏切らない」
それだけ伝えました

いっぱい失敗して欲しい
いっぱい葛藤して欲しい
いっぱい自分と対話をして欲しい

そして気づいて欲しい
自分には凄い可能性があるということと
自分を幸せにできるのは自分であることを

我を生かすは我
我を殺すも我
全ては自分が源
少しずつ分かって欲しいし
だからこそ今を一生懸命に生きて欲しい

まだまだチームに貢献できるレベルではない息子
でも、何でも一生懸命に頑張るから試合に出したくなるんですの
コーチの言葉に救われました

まだまだこれから色々あります
これからが勝負です
できるサポートをして一緒に楽しみます

これから新潟上越市の黒田小学校に向かいます
息子も頑張っているので
親父も頑張ります!!
感謝をこめて




ペタしてね




関連記事

アーカイブ

カテゴリー

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP