ブログ

許して欲しい。許してあげたい。

許してほしい。許してあげたい。


昨日のジャブジャブ池の続きです。

40過ぎのオ サンの身体には真夏の直射日光はきつく
5歳の子どもと一緒にいられるのは、15分が限界でした。
情けなっ・・・

日陰で息子の様子を見ていたとき
思わず「あっ!・・・」と声が出る光景が目に飛び込んできました。

それも私を含めて4人が
それぞれ違う立場で、同時に「あっ!・・・」

それは小学生の男の子2人がビーチボールを水の中で蹴っていたとき
一人の男の子が蹴ったボールが近くにいた一歳半ぐらいの女の子の顔を直撃・・・。

その女の子は尻餅をつき水の中へ倒れ込みました。

声を出した4人とは
ボールを蹴っていた男の子2人と女の子のお母さんと私でした。

その後、どんな光景がストーリーとして浮かびますか?

男の子の行動
お母さんと娘さんの行動
私の行動

それぞれ、その時の立場に立って心理を考え
行動を想像するだけでもエキサイティングになれます。



少年2人のうち1人(蹴ったほう=女の子より遠くにいた少年)は逃げました。

もう一人の少年は数秒立ち止まり、お母さんと娘さんのところへ歩いていきました。
そして、小さな声で「すみません。ごめんなさい・・・。」と言っていました。

お母さんは泣いている女の子をあやしながら
「気をつけてね。」と言いながら彼にニッコリ・・・。

そして私は・・・。


一瞬にして緊張感が走り、感情が大きく波立ち、思考回路がフル回転する中で

謝りに行けた少年。

それを許したお母さん。


私は心の中で、そのお母さんと少年に拍手をしてました。
そして逃げた彼には「おい!そこのお前!」という気持ちと自分でも・・・

次の瞬間うちの息子は大丈夫か?!(色々な意味で・・・)
池の中を探しました。

息子は「きゃっきゃ」言いながら友達と水をかけ合っていました。


許せる大人でありたい。

謝れる子どもであって欲しい。

その両方が素直にできる人でありたい。


そんなことを感じた夏の思い出です。


娘さんもたいしたことがなく、良かったです。


ペタしてね





関連記事

アーカイブ

カテゴリー

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP