ブログ

失敗は単なる経験値


失敗は単なる経験値


「命の授業」の腰塚勇人です

先日二人の心友が広島と山形から来てくれました

私の個人的な相談のために来てくれました

それだけでも彼らを凄いと思うし
そういう関係を作れている自分も偉いと思います(笑)

その夜は彼らに家に泊まってもらい
夜遅くまで相談ごとや話をしました

幸せな時間でした

次の日せっかくだったので家から30分ぐらいのところにある
「大山=おおやま」にケーブルカーで昇りました

神奈川では紅葉と相模湾が一望できる景勝地として有名で
また、ハイキング? 登山?をするにも
男坂・女坂という登山道があり、いい運動になります

紅葉には少し早く、景色も霞がかかっていてイマイチでしたが
心友と家族と一緒に来れたことだけで幸せでした


心友の帰りの新幹線の時間は意識しての山登りでした
ただ、私の予想をはるかに超える観光客の多さに
ケーブルカーを何回か待つことになり
山頂まで行くか、ここで引き返すか内心迷っていました

結局登りました

そして・・・心友の新幹線の時間に5分間に合いませんでした・・・

夕方からの打ち合わせに遅刻させてしまうのでは・・・
新幹線のきっぷの代金は・・・
彼を不愉快な気持ちにさせてしまっているのでは・・・
などなど

新幹線の駅へ向かう電車の中ではそんなことばかり考えていて
正直、彼の顔が見れませんでした

そんな中、もう一人の心友が私の気持ちを察したのか
「失敗は経験値なだけ」
という言葉と「そんなことで揺らぐ関係なら最初からここに来ないでしょ?」
と言ってくれ
「そ~だよな~」って思い
「心をこめて謝ろう」後は彼に任せることにしました

それでも内心は怒らせて、そのままで新幹線に乗ってもらうのは・・・

結局、次の「のぞみ」に乗ることもでき、お金もかからなかったので一安心
笑顔でサヨナラできました

この時思いました

「失敗」を経験値として、次へのステップとして自分が受け入れられられるかは

「失敗を経験値と考えられる意識」と
その「失敗を許してくれる相手」がいないと

いい学びとして「自分を許すことができない」と気づきました

大切な人や大切な出来事であればなおさらです

彼を信頼していないのではなく、大切な人だからこその思いでした

改札で別れる時「また泊まりにくるよ」と笑顔で交わせた挨拶で
「失敗を経験値」として自分を許せました
たくさんのいい学びを得ました

「許してほしい 許してあげたい」

私の日めくりカレンダーにある言葉です

これからも人を許せる自分でいようと思います

二人ともありがとう

また、泊まりにきてください          ペタしてね





関連記事

アーカイブ

カテゴリー

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP