ブログ

心を耕す  ~パワーショベル~

心を耕す  ~パワーショベル~


「命の授業」の腰塚勇です

昨日は茨城県水戸市にある千波中学で講演でした

7月に千波小学校で講演をさせて頂いて
同じ学区の中学校、帰ってきた!!という喜びでいっぱいでした

校長先生とお話をさせて頂く中で
子どもたちの「心を耕す」
その機会をどれだけ教師とPTAは作れるか

この言葉に凄く心が響きました

その瞬間、先日の鳥取県東伯青年会議所の方の話を思い出しました
その方は建設用の重機を販売する営業の方で

海外ではブルトーザーがよく売れるものの
日本ではほとんど売れないというのです

逆に日本ではパワーショベルの需要が高いそうですが

皆さんなぜだか分かりますか?

それは日本には広げ土地が少なく
土地を掘り下るげ、建物を上に伸ばすかしかないからだそうです

そのイメージが私の中では

 心を耕す
=感性を磨く
=柔らかい心を作る
=しっかりした根を張る土作り、心作り
=たくましさ
=協調性と自律とつながりました

今、私の心を耕す機会
それは全国のたくさんの方に会え、お話を聞けることです

その中で感じること
講演をさせていただけば頂くほど
上に伸る事より、花を咲かせ、実をつけることを求めるより
地に根をしっかり張ることの大切さを毎日感じています

感じ、考え、丁寧に

心を耕す意識、常に持ち続けたいし
そこで生えた根で少しでも世の中のためとまで行かなくても
自分の周りにいる方、今日で会う方のお役に立ててれば・・・

そんな人生は送りたいと思いました

今日は島根県松江にある湖南中学で講演をさせて頂きます
湖南中学は先日プロ野球ドラフト会議で
ソフトバンクホークスに指名された
開成高校の白根君の出身校です

ドラフトの様子をTVでドラマ仕立てでやっていましたが
その時も感じました

大切なのは過去の出来事への批評ではなく
今のある成長だと

成長の裏には、成長のキッカケには、その周りに
本気でその人を愛し、信じ、想う、心ある人の存在が必ずあると
改めて感じることができました

千波中学校の生徒の皆さんが講演の最後に
合唱曲「大切なもの」を歌ってくれました

聞きながら私にとって大切なものがまたここに一つ増えたと
感じたときでした

歌詞はこちらです  ↓

空にひかる星を 君とかぞえた夜
あの日も 今日のような風が吹いていた
あれから いくつもの季節こえて 時を過ごし
それでも あの想いを ずっと忘れることはない
大切なものに 気づかないぼくがいた
今 胸の中にある あたたかい この気持ち

くじけそうな時は 涙をこらえて
あの日 歌っていた歌を思い出す
がんばれ 負けないで そんな声が聞こえてくる
ほんとに 強い気持ち やさしさを教えてくれた
いつか会えたなら ありがとうって言いたい
遠く離れてる君に がんばる ぼくがいると

大切なものに 気づかないぼくがいた
ひとりきりじゃないことを 君が教えてくれた
大切なものを


心を込めて丁寧に今日を過ごします

感謝を込めて


ペタしてね


関連記事

アーカイブ

カテゴリー

講演関連情報
全国各地から届いた皆さんの声を
是非ご覧下さい
講演の主催をお考えの方
書籍&グッズ
PAGE TOP